あいのり桃は埋没なしでは生きれない?【かわいいの条件は二重じゃない】

あいまいもことした気持ち。

一重、もしくは奥二重の人

「あいのり桃ちゃんが埋没なしじゃ生きれないって言ったの?私は二重じゃないけど、生きていていいのかな?かわいいの条件は二重なの?」

こんな悩みに、私なりにお答えしたいと思います。

実は、かわいいの条件は二重じゃないんです。

私は奥二重ですが、自分の目を気に入っているし、埋没しなくても生きています。

この記事では
・かわいいの条件は目が二重なことじゃない

・もう「目が大きければかわいい」とか「痩せてるからかわいい」とかやめようぜ

ということについて書いています

あいのり桃ちゃんは、「埋没しなきゃ生きれない」ってよ

かわいいの条件は目が二重なことじゃない

かわいいの条件は、目が二重なことじゃないと思います。

なぜなら、蒼井優ちゃんなどのヘアメイクをしている、赤松絵利さんが

女の子が本来しなくちゃいけない努力は、目を大きく見せることではなく、自分らしくなる努力だと思う。

蒼井優『8740 DIARY 2011-2014』より引用

と仰っていたからです。

そらまめ
目が大きければ大きいほど、かわいいわけじゃない

実際に、私の好きな女優さん…蒼井優ちゃんや永作博美さん、麻生久美子さん吉高由里子さんなどは、そこまで目が大きくないですよね。

でも、唯一無二のかわいさを持っている。

私は、自分の『個性』を大切にしてかわいいを追求した人が好きです。

赤松絵利さんのメイク本『世界一シンプルなナチュラルメイクの教科書 自分に一番似合うメイク&ヘアがひと目でわかる』を読むと、自分らしくかわいくなる方法がわかります。

【蒼井優さんヘアメイク】赤松絵利さんの本は、自分史上最高に可愛くなる手順を教えてくれる

もう「目が大きければかわいい」とか「痩せてるからかわいい」とかやめようぜ

もう「目が大きければかわいい」とか「痩せてるからかわいい」とかやめようぜ。

そらまめ
私自身が奥二重で、決して痩せてるとは言えない体型だから、じゃなくて

というか、おとなになったら、そこまで外見に固執しないですよね。

それは美意識が低いとか、そういうことじゃなくて、もっと自分の中でちゃんとした優先順位をつけれるようになる。

まとめ:あいのり桃ちゃんと埋没法

  • あいのり桃ちゃんは、3年前に行った、二重まぶた埋没が限界をむかえ「もうこれなしでは生きていけません。早くやり直さなきゃ」と発言
  • まるで、「二重じゃなきゃいけない」かのような発言だが、目が大きいこと(二重なこと)だけがかわいいじゃない
  • 蒼井優さんヘアメイク、赤松絵利さんの本は、自分の『個性』を大切にしたかわいいを教えてくれる
  • もう「目が大きければかわいい」とか「痩せてるからかわいい」とかやめようぜ