映画『哀愁しんでれら』ネタバレありの感想/気まずいシーンはある?ヒカリはやってない?

映画『哀愁しんでれら』ネタバレありの感想/気まずいシーンはある?ヒカリはやってない?

この記事には『哀愁しんでれら』のネタバレが書かれていますので、まだ観ていない方はお気をつけください

先日、映画『哀愁しんでれら』を観ました。

画像元:楽天ブックス

例によってアマゾンプライムビデオで観ましたよ!もうアマプラなしでは生きれない(´∀`)

よりによって、知人の結婚式の前にみたもんだから『結婚に夢も希望もへったくもない状態』で結婚式に参列することに。

夫と一緒に観たんですが、気まずいシーン(えちえちラブシーン)はほとんどなかったです!

そらまめ

そらまめ

ラブシーンがあるにはありましたが、一瞬だけでした

それよりも点滴をした状態で、聴診器で胸の音を聞き、おっ始めるところが「針刺さってるよね?観てる方が怖いよ」とヒヤヒヤしました( ;∀;)

映画『哀愁しんでれら』の大雑把でいい加減なあらすじ

画像元:楽天ブックス

市役所に勤める小春(土屋太鳳)は市役所(というか児童相談所?)で働く26歳。

小春は10歳の頃、母親に捨てられたことがトラウマになっていて、仕事で出会う残念な母親たちにも憤りを感じていた。

自分は絶対親になってもあぁはならない!なりたくない(`・ω・´)キリッ」なんて軽蔑の目で見ているのでした。

ある日、おじいちゃんが倒れる→病院に運ぼうとした父が飲酒運転で捕まる→実家の自転車屋さんが火事になる→彼氏の浮気が発覚する

という不幸不幸のオンパレードが起きまして。

放心状態で歩いていたら、電車の踏切りに酔っぱらいの大悟(田中圭)が倒れているのを発見し、助けてあげると、なんと大悟は8歳の娘を男手ひとつで育てる開業医というスーパーハイスペック男だったんです!

友達に「白馬に乗った王子様より外車に乗ったお医者様」なんて言われて、乗り気になっちゃう小春。

大悟ったらデートをしてみればステキなドレスや靴をプレゼントしてくれて、うっとりお姫様気分の小春。

さらに、娘・ヒカリ(COCO)も懐いてくれるもんだから、気分はサイコーなわけですよ。(うらやましいぜ)

わずか交際1ヶ月でプロポーズされて受けちゃうんですが、それも無理ないというか100人いたら99人はプロポーズ受けるでしょ!

小春はノリノリで大悟に点滴してもらって、その状態でイチャラブを始めたり甘い幸せを噛み締めていました。

ところが結婚してみたら、大悟は10歳から毎年自分の全裸の自画像を描いているちょっと気持ち悪い変わった人でして。さらに幼い頃飼っていたウサギの剥製を部屋に飾っていたり、あんまり深い仲になりたくない人だったんですが、深い仲どころか入籍しちゃってるわけで。時すでにお寿司ですよ。

娘のヒカリちゃんも、あんなに素直だったのに言うことは聞かないわ、友達のお葬式に赤い靴を履くって聞かないわ、クラスの好きな男子(渉くん)の気を引くために自分の筆箱をトイレに流して「渉くんに盗まれた!」なんて嘘ついちゃったり、赤ちゃん返りしちゃって小春はヒカリを育てることに自信がなくなっていきます。

精神的に追い詰められた小春がうっかりヒカリに手をあげてしまい、「お願い!パパには内緒にしてね!」って頼んだのに当たり前のようにバラされて、焼き肉を食べてる最中に「お前は母親失格だ!出ていけ!」なんて大悟に激怒されちゃいます。

家を出ていく小春にヒカリが「行かないで!」とまとわりつくところが、幼い自分が母親に捨てられるところと被ってしまいショックのあまり踏切で寝ていたら、大悟が助けてくれる→「もう何もかも受け入れよう」とちょっとイッちゃってる大悟とヒカリのノリ合わせて望み通りの母&妻になります。

さらにヒカリが同級生(ヒカリの好きな渉くんと仲が良い女子)をコロした疑惑が流れると、インフルエンザの予防接種で代わりにインスリンを打ちまくり、小学生を大量にコロしちゃって、倒れる子供たちの中 親子3人は幸せそうに授業をするというラストでした。

ヒカリは実は同級生をコロしてない

ヒカリは実は同級生をコロしてないんですよね

それは「ヒカリがコロした疑惑」が流れている時も、本当はクラスメイトたちもわかっていて。

渉くんのことを「筆箱を盗んだ犯人」なんて嘘ついたり、イヤなやつだから渉くんや同級生にそんな嘘をつかれだけで。

最後メガネをかけた女の子が「ひかりちゃんはやってないよ♡みんなもわかってる」なんてせっかく手紙をくれたのに、それは大悟にも小春にも届かず…2人は娘・ヒカリのことを信じ切ることができなかったのが切なかったです。

映画『哀愁しんでれら』の感想

ヒカリちゃんもちょっとアレな子なんですが「誰にも言わないで」と言っていた、好きな男の子(渉くん)のことやおねしょのことを小春にバラされたら、そりゃ小春にビンタされたことお父さんにチクるよななんて思ったり。

ヒカリの言動も、落ち着いて考えるとそこまでおかしくないと言うか、新しいお母さんが来て戸惑ってるから仕方がないのかなと思いました。(お弁当食べずに捨てるところは酷すぎですが)

大悟やヒカリに追い詰められた小春が、ぶちぶちっと自分の髪の毛抜いちゃうのがすごくリアルで。

出ていけ!と大悟に激怒されて、行かないでとまとわりつくヒカリを追い払い「あなたのお母さんをやめました」と自分が幼少期に母親にされたことをしてしまうところなんて、そりゃ踏切に寝転びたくもなるわなって感じでした。

散々な目にあって、大悟と別れればいいのに戻ってさらに大悟&ヒカリに染まってしまう小春を見て、やっぱり何があっても私は働き続けよう!と誓ったのでした。

ずーっと家庭のことばかり考えているのもしんどい( ;∀;)

そらまめ

そらまめ

職場で人と話すだけでも気分が違いますもんね

大悟に連れ戻された小春がおっ○い丸出しで、自分とヒカリの絵を大悟に描いてもらうところが印象的でした。

しかし、なぜ家族の自画像の目を青く塗るのかは意味不明。

ただ単に不気味さを出したいだけ?

「ヒカリを殴るなんて母親失格だ!」なんて怒り狂ってた大悟も結局、ヒカリに手をあげようとし、そんな自分にショックを受けて自室の宝物を「こんなもの宝物じゃない!ヒカリだけが宝物」なんて言いながら燃やしちゃうのはぶっとびすぎてて笑えました

お金持ちの開業医と結婚したからといって幸せになれるとは限らない…だとしたら、私たち女性はどうやったら「幸せになりました。めでたしめでたし」にたどり着けるんだろう、なんて果てしないことを考えてしまう作品でした。

まぁ私は大金持ちでも開業医の妻でもないので、地味にコツコツひっそりと生き続けるしかないわけですが。

そらまめ

そらまめ

ツッコミがちな関西のアラフォー。
シングルマザーでしたが、子連れ再婚しました。
【経歴】グラフィックデザイナー→介護士→医療事務
【夢】3年後にマレーシア(行ったことない)に移住する
【好き】スピッツ・本・映画鑑賞・コスメ・スキンケア

FOLLOW

カテゴリー:
タグ:
関連記事