『マチネの終わりに』映画のあらすじと感想/なかなかひどい【ネタバレあり】

『マチネの終わりに』映画のあらすじと感想/なかなかひどい ネタバレあり

この記事には『マチネの終わりに』という映画のネタバレが含まれます。また、本作が好きな人が読むと不快になると思いますので、お気をつけてください

先日、『マチネの終わりに』という映画をU-NEXTで観ました。

Amazonプライムビデオでも観れるようです!

画像元:楽天ブックス

ちなみにかなり前に、平野啓一郎さんの原作小説も読みましたよ(´∀`)

はっきり言って全く記憶に残っていないくて「浮世離れした作品だな」と思ったくらいです。

浮世離れレベルでいうと『冷静と情熱のあいだ』以上でした

マチネの終わりに』映画も、浮世離れしていて「本当に今って令和ですよね?」なんて言いたくなるくらいナウでヤングでトレンディー。

石田ゆり子さんの英語のレベルが親近感あるというか…私レベルかな?なんて思うくらいで(厚かましい)全体的にストーリーが「なに言っちゃってるの?」って感じ。

そらまめ

そらまめ

桜井ユキさん演じる三谷早苗がマジで嫌なやつっていうかイっちゃってるよ!変なマネージャー!

フォアグラにキャビアとトリュフを乗せたような、胸焼けする作品でした。

『マチネの終わりに』というひどい映画のいい加減なあらすじ

素晴らしい演奏で「揺れる木漏れ日 薫る桜坂」なんて歌うギタリストの蒔野聡史福山雅治)。

そのコンサートを聴きにきていた記者の小峰洋子石田ゆり子)もうっとりです。

楽屋で聡史がゼェハァしていると、是永慶子(板谷由夏)と洋子が挨拶にきます。

「40過ぎたらしんどいな」なんて言いつつも、昔から変わらず男前の福山雅治。

「どこか遠くに連れて行ってくれるような演奏でした」という洋子に「お誘いしてたんです(`・ω・´)キリッ」なんて答える聡史はめちゃくちゃかっこいいですよ。

まぁさすがに聡史も冗談で言っただけだと思いますが、わざわざ慶子が「ダメですよ。彼女にはフィアンセがいます。それに彼女のお父さんはイベリコ…(おいしそうな名前)」なんて聞いてもいない個人情報をべらべら喋ります。

「あの映画監督の!」なんて聡史が感心して、おしゃれなサイゼリヤではなさそうなイタリアンレストランでの打ち上げに慶子も洋子も参加します。

打ち上げで、みんなから少し離れた聡史と洋子がせっかく仲良くお喋りしているのに、邪魔してくる聡史の変なマネージャー三谷早苗(桜井ユキ)。

そらまめ

そらまめ

ちなみに、この変なマネージャーはこの先もずっと変です

翌日、洋子はパリに戻ってしまうんですがパリの街でテロに巻き込まれてしまいます。

そんな洋子にメールを何通も送り、心配している聡史。

聡史はしばらくギターを演奏しない宣言します。そして変なマネージャーの三谷早苗は「マキノが言うならそうしましょう!マキノが演奏したくなるまでは!」なんておばたのお兄さんばりに「マキノマキノ」言います。

洋子は婚約者のリチャード新藤(伊勢谷友介)とイチャコラしますが、テロで同僚をなくしたショックで浮かない様子。

洋子は聡史にテレビ電話をして、無事を報告。後日マドリードのコンサートのために訪れていた聡史と洋子は2人で食事をします。

「もし君が地球のどこかで4んだって聞いたら僕も4ぬよ!」「冗談はよしこちゃん。私結婚するの」「知ってる。だから止めにきた(`・ω・´)キリッ」「返事はマドリードのコンサートの後で言うわ」

なんて言っていたのに、洋子はコンサートに来ませんでした。

友人が無茶な取材で怪我をして、介抱していたらしく、そこにコンサート終わりの聡史も訪れます。

どうやら聡史のマドリードでのコンサートはボロボロだったらしいです。

「すべてが終わったら日本に行きます、今度は私が」という洋子は、聡史とキッス

ところがいざ洋子が日本に来たら、聡史の音楽の師匠が倒れて、おまけに携帯電話をタクシーに忘れてしまいます。

「私が取りに行ってきいます」と変なマネージャーが言いますが、変なマネージャーったら勝手に携帯電話を見て洋子に「別れましょう」とメールを送りつけます

そらまめ

そらまめ

ぶっ飛びすぎて怖い!なんてことするんだ

数年後 変なマネージャーに邪魔された2人は、お互い別の人と結婚。子供までいる様子。

洋子はもちろんリチャード新藤と、聡史はなんと変なマネージャーの三谷早苗と結婚しています。

でも伊勢谷友介は浮気していて、洋子の結婚生活はうまくいっていない様子。

なくなった聡史の音楽の師匠の追悼アルバムから、音楽生活を再スタートさせることにした聡史は、子供に「パパ遊んでんじゃん」なんて言われちゃうものの新曲を作ってコンサートを開くことにします。

コンサート会場を探す、変な元マネージャー現在は妻の桜井ユキ

聡史という主人公の名脇役でありたい」なんて笑かすぅ

そらまめ

そらまめ

散々、聡史の人生邪魔しといて名脇役になりたいとか笑えるんだけど

ぶっ飛びマネージャー桜井ユキが2人に「4年前2人を邪魔したのは私。別れましょうメール送ったのは私」なんて懺悔して、復活コンサートは大成功!

コンサートに来ていた洋子がふらっと散歩をしていたら、聡史もいて、2人はバッチリ目が合うのでした。めでたしめでたし

『マチネの終わりに』というひどい映画の感想

設定がナウでヤングでトレンディーすぎる

「今って令和ですよね?」なんて言いたくなるほど、設定がナウでヤングでトレンディーです。

主人公が有名なギタリストとパリで活躍するジャーナリスト、日本とパリすれ違う2人…って私の住む世界と違いすぎて(ノ∀T) 

洋子の婚約者だって、よくわからないけど億とか動かしてそうなリチャード新藤(伊勢谷友介)。

変なマネージャーが痛い人で嫌な人

この作品を観た100人が100人、「マネージャーが変!痛い!嫌な人!」だと感じると思います。

「マキノマキノ、マキノの人生の名脇役でありたい」なんて言いながら邪魔ばかりするし、マキノマキノって正直おばたのお兄さんかと思いましたよ。

心配で会いたいなら動けよ!というツッコミ

聡史ったら、「洋子がテロに巻き込まれていないか心配」「洋子が急に長崎まで来なくていいなんていうから悲しい」なんて思いながらも毎回行動しないのでイライラしちゃいました。

そんなに心配ならパリに会いに行けばいいし、長崎まで会いに行けばいいんですよ。

「俺、今長崎ナウ。会って話そ?」なんてメールすれば事態は変わっていたと思うんですよね。

東京の空港でモジモジ待っていてもそりゃ来ないでしょ。

2人とも子供を軽く考えていませんか?

洋子は何をやっているのかさっぱりわからない億り人に子供の親権を取られたっぽくて(少なくとも父親と一緒にいる時間の方が長そう)、聡史に至っては「子供を連れて実家に帰るわね。あなた好きにしていいから」なんて変なマネージャーに言われて「う、うん(にこ)」って感じ。

そんなあっさり子供と会えなくなっていいの?週末会うくらいでいいの?

なんか2人とも 子供>恋愛 って感じなんですよね。

それがいいのか悪いのかわからないけど、少なくとも3人の娘をヒィヒィ言いながら育ててる私には「は?」って感じ。

『マチネの終わりに』余裕のある人に特におすすめの映画

マチネの終わりに』という映画、色々文句を言ったりツッコミを入れてしまいましたが、余裕のある人に特におすすめの映画です!

そらまめ

そらまめ

時間もお金もあって「さぁこれから恋でもするか」って人は楽しんでみれると思います!それか現在 絶賛恋愛中の人!

私のような生活の何もかもに余裕がない人間は「は?」って感じ。

そらまめ

そらまめ

恋愛が楽しそうでよろしおすなぁ

そらまめ

そらまめ

ツッコミがちな関西のアラフォー。
シングルマザーでしたが、子連れ再婚しました。
【経歴】グラフィックデザイナー→介護士→医療事務
【夢】3年後にマレーシア(行ったことない)に移住する
【好き】スピッツ・本・映画鑑賞・コスメ・スキンケア

FOLLOW

関連記事