青くて痛くて脆い【ネタバレあり】気持ち悪いで、ほんまに

あいまいもことした気持ち。
この記事はネタバレあります!

※この記事は、『住野よるさんが好きな人』が読んだら、気分を悪くされるので、読まないでください!

※この記事は、『君の膵臓をたべたい』を読んで、涙するようなピュアな方が読むと、気分を悪くされます。絶対に読まないでください!

前置き:このブログの『青くて痛くて脆い』の感想を読む前に

私は、一応読書が趣味で、子どもの頃から、割とたくさん本を読んできました。

しかし、そんな中で、どうしても苦手なジャンルが“あなたも絶対涙する系の、ファンタジックなお話”。

逆に好きな本のジャンルは、ミステリー。

しかも人間の汚い部分を垣間見れるような作品です。

一番好きな本は“白夜行”。

【ネタバレあり】なぜこんなに『白夜行』に惹かれるのか。

『青くて痛くて脆い』の作者、住野よるさんの『君の膵臓をたべたい』なんて、書店で見かけた時にぞっとしました。

そらまめ
だって、絶対膵臓を食べたいくらい愛してもうてるやん。それも、ぴゅあぴゅあな意味で
なのに、どうして手を出してしまったかというと、映画のCMがおもしろそうだったから。

「謎めいてるし、杉咲花ちゃん好きだし、もしかして面白いのでは?」と思い、読み始めました。

お察しの通り、この記事では、ほぼ悪口が書かれていますので、ご注意ください。

さっそく『青くて痛くて脆い』のネタバレ:主人公気持ち悪い

青くて痛くて脆い、この話は「昔、熱く夢を語っていた、情熱的で誰よりもまっすぐな女友達が、死んだ。あいつはなぜ、もうこの世にはいないのか知りたいっす」という主人公(男)が、真実にたどり着くまでの話。

あの時笑った秋好はもうこの世にはいないけど。

「青くて痛くて脆い」より引用

なんて言うから、「秋好(いなくなった女友達)は、亡くなったんだな」と思うじゃないですか。

でも、本当は生きてる。

バリバリ生きてて、自分たちで作ったサークルのトップに君臨。

神のように崇められ、サークルは収集付かないくらいデカくなって、最高に充実した大学生活をエンジョイしているんですよね。

なのに、主人公の男は、「僕の知ってる彼女じゃない」という理由から、いなくなったと捉えていたんです。

伝わる?気持ち悪さ伝わる?

人なんて、日々変化するのに、「青臭いオマエはどこいったんだよ!」って探してるんですよ。

怖いって!!!!!

がっかり感がすごい

主人公の男は、ずっと探してるんですよ、彼女がいなくなった理由。

それも、めっちゃしつこく。

「彼女と僕で作ったサークルが、当初の情熱や理想を失っているのなら、そのサークルをぶっ壊ァァァァァァァァァす!」→本当にサークルがぶっ壊れる→女友達(変わってしまった)が、主人公の男に怒る→

「だってオマエが変わってしまったから!!オマエがいるから、みんな不幸なんだよ!!!!」とキレる。

もう、気持ち悪いし、がっかりですよ。

勝手にキレられても困るって。

何より、この本を読み始めた自分にがっかりしました。

このがっかりは水嶋ヒロこと、齋藤智裕さんの『KAGEROU』を読んだ以来の、がっかり感。

よく覚えていない、ラスト

ラストは「もうどうでもいい。主人公の友達が犯人?とワクワクしながら読んだ時間を返せ」と思いながら、読んだのであまり覚えていませんが、主人公の男が、社会人になって、母校の大学生たちに向けた講演会で「あれやこれや」話します。

「学生時代、良かったことは、友達を傷つけてしまったこと」なんて、訳のわからないことを社会人になってもペラペラ喋る主人公。

てめえの理想を押し付けて、傷つけて、よかったもクソもあるか、アホ。

大学生の前で、話し終わったとき、傷つけた女友達を見つける→走って追いかける→俺はあいつにまだ受け入れてもらいたいと思ってる…

って知らんがな。

最後の最後まで、クソみたいな主人公の男にイラつく話でした。