私の学歴コンプレックスと職歴コンプレックスについて【社会不適合者】

あいまいもことした気持ち。
この記事は、何もためになることが書いてありません。ただの日記です(いつもや)

私にはコンプレックスがあります。

外見はもちろん、人としてのコンプレックスもあります。

それが【学歴コンプレックスと職歴コンプレックス】

もう、学歴や職歴にこだわる時代じゃないのか、そういう価値観は永遠に変わらないのか、アホな私にはよくわかりませんが…。

私は、【ちゃんといい大学を出て】【ちゃんと社会人としてバリバリ働いている人】に会うと、自分が情けなくて消えたくなります…。

この記事では
私の学歴コンプレックスと職歴コンプレックスについて書いています。

私の学歴コンプレックスと職歴コンプレックスについて【社会不適合者】

ギリギリ昭和生まれ、昭和63年生まれも就職氷河期だった

昭和63年生まれのわたしが就職する頃も、就職氷河期だったように思います。

少なくとも、私が通っていた大学(いわゆるFラン)では、就職活動でみんな大変な思いをしていました。

そらまめ
就職氷河期じゃなくても、そうだったのかもしれませんが…

私は早々に諦め、「普通の就活はしたくない!メンタルやられる」とグラフィックデザインを勉強。

結果、グラフィックデザイナーとして、デザイン事務所に就職しました。

「就活するのが嫌だからって、簡単にデザイナーになれるわけないだろ。オマエみたいなやつはデザイナーとしても成功しない。デザインなめるな」と怒られそうですが、実際に、上司に毎日のように言われていました。

デザイン事務所を一年で辞めるも、仕事なんて見つかるわけなく、生きるためにイヤイヤ介護の道へ…。

介護士にぶっ飛ばされそうですが、イヤイヤ働いていない人を尊敬するくらいキツイ仕事でした。

介護士は底辺という意見

「介護士は底辺で誰でもできる仕事をしている」という意見を、ネット上で、たまに見ます。

大丈夫です、その声ちゃんと届いています。

介護士さんたちは、自分たちがそう言われていることを知っています。(自分は知ってた)

初対面の男性に露骨に言われることもありました。

「オレ、脱毛してない女無理。介護士って金ないから脱毛してないの?」と同僚が絡まれているところも目撃しました。

「なかなかできる仕事じゃないよね。優しいんだね」みたいな意見もよく聞きました。

小金がほしいだけです、とは言えませんでした。

多分、一生成功しない私

成功が何を意味するかは人それぞれですが、多分私は一生何かを成し遂げたり、成功することはないでしょう。

でも、今はそんな自分でいいやと思っています。

なのに時々思います。

こんなに学がなくて、なんの能もない自分が存在していていいんだろうか。

ダメでも、しぶとく生きるけどね。