カスハラ対策とは?攻撃されやすい私が考えてみた【楽しく働くために】

あいまいもことした気持ち。

カスハラの被害に悩む人

「職場でカスハラの被害にあってツライ…。カスハラ対策ってなにかな?」

これはまさに、今の私です。

こんな人も多いのではないでしょうか?

カスハラとはカスタマー(顧客・取引先)ハラスメントの略で、今や社会問題ですね。

新型コロナウィルス拡大感染が騒がれる中、理不尽な要求や悪質なクレームが問題となっています。

UAゼンセン(産業別労働組合)が、接客対応をする従業員を対象におこなったアンケートによると、7割の人がお客様からの迷惑行為をうけたことがあるとのことです。

この記事では
・カスハラ対策

・カスハラの攻撃にあいやすい私が考える、攻撃されやすいタイプ

・本当のカスハラ対策は、起業するしかない

について書いています

カスハラ対策としては、明らかにおかしな要求や言いがかりに対して、NOと毅然とした態度で言える店(社内)にするしかないと思います。

しかしながら、今の私もそうですが、いち従業員が「NO」と言うには、ものすごい勇気が必要です。

そらまめ
ぶっちゃけ言えません…

行き過ぎた行為や、度を越したクレームがどういったものか、社内(店内)で共通認識をもつ必要があると思います。

やっぱり、店長なり社長なり経営者なり…の、しっかりと従業員を守る意識が大事だと思います。

カスハラの攻撃を受けやすい私が考える、攻撃されやすいタイプ

カスハラの攻撃を受けやすい私が考える、攻撃されやすいタイプは

  • 地味
  • おとなしそう
  • 声が小さい
  • やさしそう(実際は違う)
  • 女性
そらまめ
攻撃してくるのは、ほぼ高齢者ですね

未だに、高齢者の中には「女は傷つけていい」と勘違いしているバカがいるように感じます。

あとツイッターで、おじいちゃんにカスハラされたというエピソードをよくみますが、実際はおばあちゃんもカスハラする人多いと思います。

なんだろう、おばあちゃんって優しくて朗らかで、子どもが好きで謙虚で、か弱くて…というイメージがあると思いますが、実際はバケモンみたいに気の強い鬼みたいなババアおばあちゃんもいますよね。

げんに、介護施設やデイサービスで、おばあちゃん同士のイジメも多々あります。

そらまめ
どんなに生きても、人間丸くならんのや

本当のカスハラ対策は、起業するしかない

とはいえ、カスハラ対策をきちんとしている、従業員を守ろうとしている会社や店は、少ないと思います。

「ややこしくしたくない、客とモメて悪い噂がたったらどうしよう…」と、とにかく流せ!とりあえず謝れ!というトップは多いと思います。

会社(店)を守るには、事を荒立てたくないと思うことは、普通なのかも知れません。

なので、カスハラの被害をうけないためには、自分で起業するしかないように思います。

実際に起業したら、誰かしらにものすごくペコペコするでしょうね。

ほんで、靴とかなめるでしょうね。

まとめ:カスハラ対策は?

  • カスハラとはカスタマー(顧客・取引先)ハラスメントの略で、新型コロナウィルス感染拡大により、ますます深刻な社会問題になっている
  • カスハラ対策は、トップが従業員を守る意識がないと難しい
  • 「とりあえず謝れ」「とりあえず流しとけ」という店(会社)は多いと思う
  • もう自分で起業するしかない
そらまめ
カスハラするようなクズに、悪いことしか起こりませんように…☆