ミラベルと魔法だらけの家はおばあちゃんが全部悪い【考察じゃなくて感想】

ミラベルと魔法だらけの家はおばあちゃんが全部悪い【考察じゃなくて感想】

この記事には『ミラベルと魔法だらけの家』のネタバレが書かれています

先日、娘たちとミラベルと魔法だらけの家を観ました。

例によってアマゾンプライムビデオでレンタルして観ました!

娘たちは感動したみたいで「よかった〜♡」なんて言っていましたが

そらまめ

そらまめ

よくねぇよ!おばあちゃんがミラベルにしてきたこと許せん!

そりゃおばあちゃんは夫を目の前でなくして、赤子を3人も抱えて必死で生きてきて、大変だったと思うしすごいなって思いますよ。

でもねぇ、だからと言って家族を追い詰めたらあかんぜよ!特にミラベルに対して酷すぎた!

『ミラベルと魔法だらけの家』簡単でいい加減なあらすじ

魔法でできた不思議な家『カシータ』に住むマドリガル家。

カシータには決して消えない不思議なロウソクがありました。

マドリガル家の子供たちは全員、5歳になるとそれぞれ家から『魔法のギフト(才能)』と自分の部屋を与えられます。

しかしミラベルだけなぜかギフトを与えられず、なんの魔法も使えませんでした。

家族のギフトを地域(エンカントと呼ばれる谷)のために役立てようと、世間体ばかり気にするアルマおばあちゃん。

家族に“魔法の力をもっと完璧に!”とプレッシャーを与え続けた結果、魔法が使える家族はプレッシャーで押し潰されそうでした。

ミラベルは自分だけ魔法が使えないことを哀しく思いつつ、家族のために自分にできることを頑張ります。

でもアルマおばあちゃんはそんなミラベルを認めません。

なんでアンタは魔法使われへんねん、我が家の特別感がなくなるやん」と口には出さないけど顔と態度に出てもうてるおばあちゃん。

マジで嫌なババア

ある日、ミラベルのおいっこアントニオが5歳になり、大勢の人の前で“動物と話しをする”というギフトを授かります。

ミラベルは自分がギフトを授からなかった5歳の時の辛い記憶を思い出しつつ、アントニオを心から祝福。

普通なら「私はギフトもらわれへんかったし、気まずい」ってなるけど、ミラベルはスーパー心がキレイな女の子だから「アントニオは動物好きだし、本当によかった♡」と喜びます。

しかし、ミラベルはカシータに1人でいる時に、壁がひび割れ、ロウソクの火が消えそうになり、カシータが崩れかけるのを見ました。

驚いたミラベルはアルマおばあちゃんに知らせに行きますが、戻ってくるとカシータはいつも通りのキレイな家になっていました。

おばあちゃんもみんなもミラベルを嘘つきあつかいし、アントニオのめでたい日をぶち壊すなんてよくないと責めました。

その晩、ミラベルはアルマおばあちゃんが泣きながら「ブルーノ(いなくなった未来が見えるおじさん)の予見通りに魔力が消えそう」となくなったおじいちゃんに助けを求める姿を見てしまいました。

翌朝、ミラベルは未来が見えるブルーノおじさん(失踪中)の部屋で「ビジョン」を見つけます。

「ビジョン」には、崩れたカシータの前に立つ自分の姿が写っていました。

なんやかんやあり、ミラベルのおねえちゃん(イサベル)がマッチョにプロポーズされる前にお食事会がメチャクチャになる→ミラベルは未来が予見できるブルーノおじさんと再会→ブルーノおじさんともう一度「ビジョン」を見る→ミラベルとイサベルが抱き合っているビジョンが見える→おねえちゃんと話し合う→実はおねえちゃんはマッチョと結婚したくなかった→アルマおばあちゃんがミラベルに怒り出す→「悪いのはおばあちゃんやで!」とミラベルがキレる→カシータがついに崩壊し、不思議なロウソクも消える→おばあちゃんとミラベルは仲直り→街のみんなと協力して家を建て直す→建て直した家は魔法の家でした♡メデタシメデタシ

ミラベルと魔法だらけの家はおばあちゃんが悪い

マジでPTAとか近所の人とか合わない親戚とかどうでもいい派の私には、さっぱり理解できなかったんですが、ミラベルのおばあちゃんが気にしているのは、世間体

そのせいでおねえちゃんも完璧を目指して追い詰められていて、好きでもないマッチョと結婚しようとする始末。

おねえちゃんはミラベルとの言い争いの最中にいつものキレイな花じゃなくて、サボテンを咲かせて感動。

トゲがあってもいいじゃない、自分は自分やし」とありのままの自分を受け入れるのでした。レリゴー

おばあちゃんが苦労したのも、辛い思いをしたのもわかる。必死で3人の赤ちゃんを育てて家や町を守ってきたのもわかる。

そらまめ

そらまめ

だけどさぁ、魔法が使えないミラベルに対してちょっと酷すぎるんでないの?

自分だって最初から魔法が使えたわけでは、なかろうに!

ミラベルが「おばあちゃんがぜんぶ悪いんだよ!」と言い放った時にはスッキリ。

そうだよ、近所の目とかマジどうでもいいんだよ!(家を建て直してくれたけど)

まとめ:ミラベルのおばあちゃんが悪い

  • 『ミラベルと魔法だらけの家』をアマゾンプライムビデオでレンタルして観た
  • ミラベルのおばあちゃんが家族を認めずに、世間体ばかり気にしていて、魔法が使えないミラベルに冷たいからイライラした
  • でも最後はハッピーエンド!よかったねぇ

ミラベルと魔法だらけの家はおばあちゃんにイラつくところもありますが、おもしろいので、ぜひ観てみてください!

そらまめ

そらまめ

ツッコミがちな関西のアラフォー。
シングルマザーでしたが、子連れ再婚しました。
【経歴】グラフィックデザイナー→介護士→医療事務
【夢】3年後にマレーシア(行ったことない)に移住する
【好き】スピッツ・本・映画鑑賞・コスメ・スキンケア

FOLLOW

カテゴリー:
タグ:
関連記事