ストレスからは逃げるが勝ち!ストレスフリーな生き方

あいまいもことした気持ち。

こんにちは、そらまめです。

ストレスを抱えてツライ人

「学校が合わない、仕事に嫌な人がいる…ストレスでパンクしそう。ストレスを減らす方法ってあるのかな?ストレスから逃げてもいいのかな?」

実は、ストレスからは逃げるが勝ち!なんです

なぜなら、実際に私も色んなストレスから逃げていきています。

その結果、何かを成し遂げたり、立派な人間にはなっていませんが、割と幸せに暮らしています。

そらまめ
おかげさまでストレスフリー

近所に感じ悪いやつがいるとか、PTAがめっちゃめんどくさいとか、そうそう逃げてられないストレスももちろんありますが、大きなストレスからは基本的に逃げているので割とストレスフリーに生きています。

私みたいに、嫌な場所から逃げても、なんとか生きていけてるし、逃げてもいいって思ってもらえたらなと思います。

この記事は
私がストレスから逃げた体験談を書いています。

ストレスから逃げた体験談

大学時代はキラキラグループから逃げた

私が学生だった頃、『陰キャラ』と『陽キャラ』にクラスメイトたちは振り分けられていました。

私は間違いなく『陰キャラ』。

本が好きで女子のグループに怯えていて、先生にあてられると顔を真っ赤にして小さな声で答えていました。

そんな私も大学生になって、気がつくとキラキラしたグループに入っていました。

グループ内で特に発言をすることもなく、ニコニコヘラヘラと友達?と遊んでいました。

春はBBQ、夏は花火にサークルの合宿、冬はボードに鍋パ…ってめっちゃしんどかった!!

全然楽しくなかったです。

サークル内で「私〇〇先輩が好きなんやけど、〇〇ちゃんも狙ってるよね。〇〇ちゃんって男に媚びすぎじゃない?彼氏いるくせに」とか「先輩に何もしないから家に来てって言われたのに、キスされたわーん( ;∀;)」とか、めっちゃしんどかった。

冷たいですか?
私はひっそりと本音を言える友達にたまに会うくらいが幸せなんです。

なので、そのキラキラグループから抜けて、サークルもやめました。

きっと誰も私が抜けたことに気がつかなかったでしょう。

ブラックなデザイン事務所を一年で退職した

就職した1社目がブラックなデザイン事務所でした。

ちなみにグラフィックデザインの会社でした。

定時なんて無視で、朝の3時まで残業が当たり前。

タクシーのおっちゃんを起こして、家まで帰っていました。

 

毎日怒鳴られるし、誰も仕事は教えてくれないし、精神的に回復不能になりそうな頃

そらまめ
鬱になりそうなので辞めます

とやっと言えました。

とは言っても、退職するのも精神的にしんどいですよね。

お世話になった人に引き止められたり、退職を告げた途端に嫌がらせを受けたり、精神的な負担が大きいです。

最近よく耳にする退職代行サービス』とは、労働者が会社を退職したい時に、労働者に代わって退職の処理を行ってくれるサービスです。

私みたいに自分で言い出せない人にピッタリなサービスだと思います。

でも、悪質な業者も中にはあるようで、注意が必要です。

そらまめ
私がおすすめする退職代行サービスをまとめました
退職代行J-NEXT
>>>¥20,000円でサクッと退職代行!退職スターターキット進呈中

・税込み20,000円でのサービス提供

・退職できなかった際の返金制度

無料で退職スターターキットを届けてくれる

退職代行コンシェルジュ
>>>『退職代行コンシェルジュ』

・退職後は無料で転職支援

・退職完了まで回数無制限で相談可能

・万が一退職できない場合の返金保証

退職コンシェルジュ
>>>退職コンシェルジュ

・「労働組合が運営」「顧問弁護士と提携」「人事のプロが対応」など、退職につきまとう煩わしい問題をスムーズに解決してくれる

・会社と意見が食い違っても、労働組合と弁護士が味方してくれる

・顧問弁護士による簡易法律相談が無料

・有給が思っていた以上に取得できたりして、お得

私は退職代行サービスを利用してサクッと辞めれて、メンタル回復→すぐに新しい仕事を探す意欲がわいたので、言い出すのが嫌で辞めれない」という方におすすめです。

学生時代からの友人から逃げた

中学の頃からの仲良しグループ。

その中に中学生の頃からずっと嫌いな友人がいました。

 

彼女は、私の産後間も無く 家に押しかけてきて「出産って老けるんや〜怖い」と言い、新生児と自分の自撮りを撮って帰っていきました。

他にも流産してしまった職場の人のことを「次行こうぜ次」とバカにしたり、今は「イケメンの遺伝子欲しい。遺伝子さえくれれば一人で育てられる。子育てなんて簡単」と豪語しています。

待ち合わせの時間に毎回遅れるし、人のものは盗むし、平気で嘘をつくので、ずっとその友人と縁を切りたいと悩んでいました。

今はその友人のラインをブロックし、グループラインは反応しないようにしています。

学生時代の友達と合わなくなったら、縁を切ったほうがいい理由【実体験】

2020年2月26日

ママ友グループから逃げた

私はママ友とか苦手なので、ママ友を作らなくていいようにしています。

そらまめ
ママ友いない、いらない!

幸せハッピーなママ友も、この世には存在するんでしょうが、ママ友地獄のドラマを見て怖いなと思ったので。

どうしても嫌なら逃げてもいいし、根に持ってもいい

ストレスって、普通に生活しているだけで、いくらでもありますよね。

ちょっとくらい逃げても、バチ当たらないんじゃないかな?って思います。

逃げてもいいから生き抜こうぜ!!!

逃げてもいいし、意地悪されたら根に持ってもいいから、まず自分が幸せになりましょう!

おわり。