大石静さん『四つの嘘』みんな永作博美さんになりたいよね?

恋に効く本の話。

こんにちは、そらまめです。

同窓会に出たことはありますか?

私は一度もありません。

あれってどういうシステムなの?仲が良かったクラスメイトから連絡がくるシステムなの?

とりあえず、私は一度も同窓会に誘われたことがないし、同級生に会いたいとも思いません。

私の好きな、大石静さんの『四つの嘘』という本は、かつて同級生だった4人が、ある事故をきっかけに再開し、その後の人生に互いに絡み合うというお話です。

この本を読むと、「こんな風に生きたい」や「こんな風には生きたくない」と自分の歩みたい人生がちょっと見えてくると思います。

私はドラマ版『四つの嘘』の永作博美さんに憧れ続けています。

なぜなら、ドラマの中の永作博美さんの役が、のらりくらりと生きていて、でも人に親切で、最高にかわいくて、ステキだからです。

この記事では、大石静さんの小説『四つの嘘』の感想を書いています。

大石静さん『四つの嘘』みんな永作博美さんになりたいよね?

簡単なあらすじ

生い立ちも、男性観も性格も全く違う4人はかつて女子校の同級生だった。

4人は別々の人生を歩んでいたが、ある事故をきっかけに再び運命が絡み合う。

そしてそれぞれの嘘が暴き立てられていく…。

ドラマとはまた違った悲しみを感じさせるストーリー

ドラマ『四つの嘘』はどちらかというとカラッとしたユニークさがありましたが、小説版はもっと悲しみを含んでいます。

四人は四人なりに必死にもがいて生きてきた。

だけどそれぞれ、思い描いていた40代とは違っていて、葛藤する。

仕事のこと家庭のこと、男のこと…

嘘くらい誰でもつく。

ドラマ版は永作博美さんの魔性っぷりに感心しましたが、小説版はまた違った面白さがありました。

誰にも境遇は似ていないのに、それぞれの気持ちが痛いほどわかります。

学生時代の4人の関係もリアルで、学校という閉鎖的な世界の窮屈さが丁寧に書かれていました。

私は男性にも読んでもらいたいと思いました。

そして女性の気持ちを知ってもらいたい!

女って複雑やで〜

おわり。