橋本病だけど妊娠、出産した【実体験】

あいまいもことした気持ち。

「橋本病は妊娠しにくい」という話を聞きます。

私自身が、橋本病なんですが、特にトラブルなく妊娠、出産しました。

橋本病で妊娠や出産に不安がある方に、少しでも安心して頂けたらいいなと思い、書き残します。

ちなみに私の母も、祖母も橋本病ですが、特にトラブルなく妊娠、出産しています
この記事では
実体験をもとに橋本病の妊娠、出産について書いています

橋本病の妊娠、出産

橋本病の症状

橋本病は、甲状腺に慢性的に炎症が起こる病気で、慢性甲状腺炎とも呼ばれます。

主な症状としては

・甲状腺が大きくなる(逆に萎縮してしまうこともあるそうです)

また、橋本病院により甲状腺機能低下症になると

・顔や手足がむくむ

・皮膚が乾燥する

・寒がりになる

・便秘

・体重増加

などの症状が現れます。

私はいつも通り食べても、どんどん体重が増えて太りました。

また精神的にも肉体的にも、とてもしんどくて辛かったので、もし思い当たる方がいれば、一度検査を受けて頂きたいです。

橋本病と診断された時、嬉しくて泣いた

1人目を出産してすぐに、橋本病による甲状腺機能低下症の症状が現れました。

原因がわからなかったため、内科で診てもらっても私が怠けているように言われたり、周りの人からもそういう目で見られているような気がして、とってもツライ時期でした。

たまたま予防接種をしてくれた内科の先生が、私の甲状腺が大きくなっていることに気がついて、橋本病の検査を受けて診断されました。

診断された時は、原因がわかった嬉しさで泣きました。

ちなみに数値はとっても悪くて、先生からは「常に人に殴られているくらいしんどいね」と言われました。

神戸にある甲状腺疾患専門の隈病院

今は神戸にある、甲状腺疾患専門の隈病院で治療を続けています。

病院はキレイで、甲状腺の専門医がたくさんいるので、安心して治療を受けられます。

人気の病院なので、早めに予約をとらないと、あっと言う間に埋まってしまいます。

そらまめ
ちなみに病院のカフェで食べるカレーが好きです

治療としては 現在は、チラージンSという甲状腺ホルモン薬を毎日服用していて、数値も安定しています。

橋本病と診断されてからの妊娠

橋本病と診断されてから、2回妊娠、出産をしました。

あらかじめ、妊娠を考えている方は、医師に伝えておくといいと思います。

妊娠が発覚してからは、「妊娠したら飲んでね」と言われていた量のチラージンSを服用しました。

私の場合は普段よりも多い量でした。

その後は、妊娠前よりも頻繁に受診しました。

特にトラブルなく妊娠、出産することができたのも治療していたお陰だと思います。

本当に病気が見つかってよかったと思います。

なかなか発見されにくい病気なので、最近ずっとしんどいなぁという方や、体重が増えてしまう方、橋本病の症状が思い当たる方は 早めに検査を受けて頂きたいです。

そして妊娠を考えている方は早めにドクターに相談するほうがいいと思います。