憧れの男性【職場で出会った】

あいまいもことした気持ち。
そらまめ
憧れの男性はいますか?もしくは過去にいました?

私にはいます。

今から10年以上前、アルバイト先のピザ屋で、一緒に働いていた『わっちさん』です。

私は『わっちさんになりたい!』と思っています。

なので、憧れの男性というよりも、憧れの存在ですね。

10年以上前、一緒に働いただけのわっちさん…この人以上に、憧れる男性・女性に会ったことがありません。

私にとって、わっちさんはオンリーワンでありナンバーワンであり、生まれ変わったらわっちさんになりたいんです。

はい、私気持ち悪いですね。

この記事では
職場で出会った、憧れの男性について書いています。

憧れの男性【職場で出会った】

憧れの男性、わっちさんの魅力

わっちさんは、ワタナベさんといって、『わっちさん』とみんなに呼ばれていました。

わっちさんの魅力は

  • 圧倒的に顔がいい(田中圭さんに似てる)
  • いつもジャージなのに、かっこいい
  • おもしろい
  • 友達が少ない
  • 漂う色気がすごい

はい、私気持ち悪いですね。

憧れの男性、わっちさんと私の関係

もちろん、わっちさんと交際していたとか、一晩ともにしたこともなく、ただ一緒に働いていただけ。

ましてや、当時私には付き合っている人がいて、その人にのぼせあがっていたので、恋愛感情もありませんでした。(もちろん向こうにも)

なのに今でも憧れてるって、引くよね。

つまり、わっちさんは私のことを少しも覚えていない。

でも私だけは、ずっとわっちさんになりたいと思っています。

憧れの男性、わっちさんになりたい理由

わっちさんは、いつもジャージで、それが似合っていてかっこよかったんです。

「バイトに来るときだけじゃなく、大学にもジャージで行っている」と言っていました。

黄色のジャージ(多分どこかのサッカーチームの)を着ていて、私もこっそりマネして家で着ていたのも、気持ち悪さ引き立つエピソードです。

わっちさんは、とにかく圧倒的に『顔がいい』

そして、初めて会ったときから「そらまめちゃん、仲良くしてね」と、心の垣根をポンポン飛び越えて仲良くしてくれる、最高にイケてるお兄さんでした。

「大学に友達おらんから、笑うことない」というところもステキでした。

大学でリア充生活をおくっている、そこらへんの男性よりもずっとステキに見えました。

一度店長に頼まれて、わっちさんに電話をすることがあったのですが、横から「だれ〜?」と気だるい女の声が…。

もう一連のやりとりが、色っぽっくて。

はい、私かなり気持ち悪いですよね。

わっちさんは話もおもしろくて、当時わたしはわっちさんに近づくべく、ガキ使のDVDをみまくっていました。

憧れの男性にはなれないけど

わっちさんになれるはずないけど、今でもなにか壁にぶち当たると「わっちさんなら、どんな風に笑うんだろう」と考えます。

わっちさんは、私がネチネチ悩んでいることを、ポンポン飛び越えて笑っている人でした。

この記事を読んでくださった方で、もし今後ステキな『わっちさん』と出会ったら、その人は私の憧れの男性です。(だから何やねん)