夜道に日は暮れぬと心得よ。【幸せはひっそりと味わいたい】

あいまいもことした気持ち。

「目立ちたい。幸せを自慢したい」そう思ったことはありませんか?

私は、ずっと、心のどこかで『夫婦で、もしくはどちらかが大成功して、金持ちになって今までバカにしてきたやつを見返したい』と思っていました。

そらまめ
クソみたいな人間ですね

でも、田辺聖子さんの本『人生は、だましだまし』を読んで、「動物の保護色のように、あたりにまぎれて生きたい。なるべく目立たないように生きたい」と思うようになりました。

『目立ちたい』ではなく『ひそかに、こっそり幸福の蜜をなめてるのがいい』と気付かされました。

夜道に日は暮れぬと心得よ。

怒らないように、こらえてこらえて、いつかパーッと発散したらいい。

そらまめ
毎日いろんなことに怒りまくっている私は、反省せなアカン

【目立たぬように生きたい】田辺聖子さんの本は、読まなきゃ損

田辺聖子さんの本を読んだことがありますか?

読んだことのない方(特に女性)は損しています!偉そうにすみません。

田辺聖子さんの本は、「女性が幸せになる方法」とか「彼に愛されて幸せに暮す方法」みたいな、ストレートな本ではないですが、“女性が生きていく上で大切なこと”がたくさん書かれています。

田辺聖子さん『人生は、だましだまし』

人生は、だましだまし。

夫婦も、だましだまし。

夜道に日は暮れぬと心得よ。

急いでもしかたないやおまへんか。

いつか、また、どっかで、必ず、パーッと発散するときもおまっしゃろ。

怺えて、怺えて

田辺聖子『人生は、だましだまし』より引用

『怒らな損』みたいに、怒っている私ですが、怒ったってしゃあない。
むしろ、怒ったら損ですね。

人にまみれ、世間にまみれ、動物の保護色よろしく、あたりにまぎれるというのがー生きやすし、という。

なるほど。

そうやって、実はひそかに、こっそり幸福の蜜をなめてるのがいい、ということだろうか、自分の体調、自分の気分だけに忠実、というのは。

田辺聖子『人生は、だましだまし』より引用

ほんまやな、マラソンの先頭でもなく、ベッタ(最下位)でもなく、真ん中あたりに“まぎれて”いる。

幸せをいちいち自慢せんと、ひっそりと、自分だけで噛み締めよう、そう思いました。

『人生は、だましだまし保っていくもの』一生懸命になりすぎて、生きるのに疲れた人に、ぜひ読んでもらいたい一冊です。