夫が冷たい原因は『男性脳』だった【夫のトリセツ】

恋に効く本の話。
夫が冷たいと悩んでいる人
夫が冷たい!一体なにが原因なの?優しく喋ってよ

これは、私です。

夫が冷たいと悩んでいたので、黒川伊保子さんの『夫のトリセツ』を再読しました。

そらまめ
本を読んでも、すぐに内容を忘れてしまいます…

再読して、夫が冷たい理由(というか、私が夫を冷たいと思う理由)がわかりました。

夫が悪いわけでも、私が悪いわけでもなく、『男性脳と女性脳』の違いが原因のようです。

夫は、『そういう脳の持ち主』だと思うことで、夫について少し理解できました。

この記事では
夫を冷たいと感じる原因について書いています。

夫が冷たい原因は『男性脳』だった【夫のトリセツ】

黒川伊保子さんの『夫のトリセツ』を再読して、夫が冷たい(私が冷たいと感じる原因)がわかりました。

それは、夫が『男性脳』だからです。

妻が冷たいと感じてしまう?『男性脳』とは

『夫のトリセツ』によると、

男は、愛する人を危険から守ろうとするあまり、いきなり、相手の欠点を口にする。

女は、今日一日のひどい経験のあれやこれやを優しく聞いてもらって、なぐさめてもらいたいだけなのに、「君も、そこ悪いよな」「嫌ならやめればいいじゃん」とくさしてくる。

あれは、男性脳の愛と誠意なのである。
黒川伊保子『夫のトリセツ』より引用

例えば

そらまめ
今日こんなことがあって、めっちゃ腹たってん!
それは、そらまめが〇〇したらよかったんちゃう?

と、私からすれば、ただ優しく話を聞いて「そうなんや、大変やったね。いつも家族のためにありがとう。」と言ってほしいだけなのに、ダメ出しをされる。

「冷たい!わかってくれない!」と感じていましたが、【私のことを思ってアドバイスしてくれてる】と思えば、夫を愛おしく思えます。

夫が「ありがとう」など感謝の言葉を言わない理由

夫は、あまり感謝の言葉を口に出しません。

ライトな「お!ありがとう」くらいなら日常的に言ってくれますが、私としては

君に出会えて本当によかった!毎日最高だよ!ありがとう!!!!

くらい言ってほしいんです。(あつかましい)

でも、『夫のトリセツ』によると、

身体的拡張感覚の強い男性脳は、妻をも、そのように感じてしまうのである。自分の身体の一部のように。だから、褒めないし、お礼を言わないのだ。自分の腕に「よくできたね」と言わないように、自分の心臓に「毎日、ありがとう」と言わないように。
黒川伊保子『夫のトリセツ』より引用

夫が私のことを、自分の身体の一部のように感じているかは謎ですが、大げさに感謝の言葉を口に出さなくても、「いなくなったら困る」と思ってくれてるような気がします。

まとめ:男性脳を知れば、夫を愛おしく思える

  • 夫が冷たい原因は、「男性脳」だから
  • 共感を求める「女性脳」に対し、「男性脳」は守ってあげたい相手だからこそ問題解決を急ぐ
  • 夫が感謝の言葉を口にしないのは、自分の身体の一部のように感じているからかも…?
  • 男性脳を知れば、夫が一途で愛おしい存在に思える!…かも

ABOUT US

生まれも育ちも神戸の32歳。シングルマザーでしたが、子連れ再婚しました。 経歴はグラフィックデザイナー→介護士→医療系 です。好きなものは、本、スピッツ。 このブログでは、私のあいまいもことした気持ち、おすすめのものやコスメ、介護の仕事などを書いています。