ミレーナ装着は保険適用できる?自己申告?実際に装着したレビュー

あいまいもことした気持ち。

益若つばささんが装着したことを公表して、話題になった避妊リングミレーナ(IUS)


私も数年前から装着しています。

ちなみに、私は5年以上前に1度装着して、再婚して外して第三子を授かり、2回目を先日装着しました(´∀`)

そらまめ
ミレーナ装着は保険適用できる?自己申告なの?

こういった疑問をお持ちの方も多いと思います。

私の場合は、保険適用でミレーナを装着しました。

人によって、通っているクリニックによって、条件は違うとは思いますが、ミレーナ装着を考えている方の参考になればいいなと思い、この記事でまとめてみました(^^)

ミレーナ装着は保険適用できる?自己申告?実際に装着したレビュー

ミレーナの使用者説明書

ミレーナとは

ミレーナ(IUS:レボノルゲストレル放出子宮内システム)とは、子宮の中に入れておくタイプの避妊器具です。

3センチほどの、T字型のミレーナを子宮に挿入することで、「レボノルゲストレル」という成分が持続的に放出され、高い避妊効果を得られるそうです(^^)

以前はリング型だったため「避妊リング」と呼ばれていたそうです。

ミレーナ装着は保険適用できる?

ミレーナ装着は、保険適用できます。

月経過多と月経困難症への使用について保険が適用されるそうで、PMSや避妊目的の場合は、適用外になります。

そらまめ
自費診療の場合は、だいたい5万円くらいだと思います

私の場合は、生理痛が重く、量も多かったので、婦人科のクリニックで相談して、保険適用でミレーナを装着しました。

ちなみに、生理痛の重さや量は、自己申告でした。

ミレーナのメリット

ミレーナを装着するメリットとしては

  1. 避妊方法として効果が高い(性感染症の予防にはコンドームの使用が必要)
  2. 低容量ピルのように、毎日服用する必要がない
  3. 過多月経や月経困難症に治療効果が期待できる

などがあります。

私の場合は、ミレーナのお陰で生理痛がかなり楽になりました(^^)

さらに、生理前のイライラなどPMSが楽になりました(私の場合は)

そらまめ
生理の億劫さが、かなり軽減されました

ミレーナのデメリット

ミレーナのデメリットとしては

  1. 5年以内の交換(または除去)が必要
  2. 副作用がおきる場合がある

などがあります。

私の場合は、ミレーナを挿入してすぐの頃は、生理が長引いていました。

そらまめ
確か2週間くらいダラダラと続いていたと思います

個人的にはミレーナ最高

私個人的には、ミレーナ最高!!!!なので、保険適用でなく自費診療でも、装着していたと思います。

将来、娘たちにもおすすめしたいです!

その頃には、さらにいいものがあるかもしれませんが( ´∀`)