ミニマリストすずひさんと、『女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと』

あいまいもことした気持ち。
そらまめ
西原理恵子さん、好きですか?
私は大好きです。
西原さんの考え方や言葉に、いつもハッとさせられています。

先日、西原理恵子さんの『女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと』を読んで、ボロボロ泣いてしまいました。

なぜなら、とっても共感できたからです。

すべての「女の子」と「かつて女の子だった女性」が読むべき本だと思います。

教科書には載っていない、大事なことが書いてあります。

そらまめ
絶対に娘たちにも読ませたい!

この本を読んで、ミニマリストすずひさんが記事に「専業主婦になるのが夢でした」と書かれていたことを思い出しました。

西原理恵子『女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと』

私には大好きな母方のおばあちゃんがいて、おばあちゃんは大好きなおじいちゃんと結婚して苦労も色々あったけど、幸せでした。

そしてほとんど働いたことがないまま亡くなりました。

母も後に父と離婚しますが、私が小さい頃は専業主婦でした。

そして親戚もみんな専業主婦。

私の周りには、働く女の人がいなかった。

だからじゃないかもしれませんが、小さい頃から女性の幸せは

稼ぎのいい大好きな人と永遠に愛し合って生きていくこと

そう思っていました。

まさか母だけじゃなく自分まで離婚するとは思わなかった。

一番大切なのは、稼ぎのいい男性に愛される女性になることだと思っていました。

でも今はそうは思いません。

もちろんそれはとっても素敵なことだけど、それが叶わなかったらどうする?

叶ったとしても何かあって環境が変化してしまったら?

大事なのは、自分の幸せを人任せにしないこと。

そのためには、ちゃんと自分で稼げるようになること。

食いっぱぐれないためには、最低限の学歴は確保する。

できれば、資格もとって、スキルアップしておくこと。

西原理恵子『女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと』より引用

人生ってどうなるかわからない。

夫や子供たちを守るためにも、自分を守るためにも、稼ぐ力を意識してつけておけばよかったと心の底から後悔しています。

幸せを人任せにしない

これは自分だけじゃなくて、親でも子供でも夫でも兄弟でも、何かあったときに大事な人を守る上ですごく大切ですね。

 お母さんが機嫌よくいること

家なんて、もっと汚くてもよかった。洗濯物も、ためちゃえばよかった。家事なんて、全部あとまわしにしたらよかった。もったいないことしちゃった。

だって、あんな時間はもう二度とない。

西原理恵子『女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと』より引用

永遠に続くような気がする子育ても、いつかちゃんと終わって、その頃には子供たちの後ろ姿しか見えなくなる。

お母さんが機嫌よくいること、ってすごく大事だなと思いました。

家がしっちゃかめっちゃかでもきっと夫は私を嫌いにならない。

でもずっと機嫌が悪かったら嫌いになるかもしれない。

丁寧に暮らす界隈の方には怒られそうですが、丁寧になんて暮らさなくていい。

そらまめ
機嫌よく暮らせたら100点!

それくらいハードル下げて生きてもいいやん。

ミニマリストすずひさん【嫌いじゃないよ】

ミニマリストすずひさんがブログに

「私の将来の夢は専業主婦でした。だからそのための最短距離を歩んできた。勉強もほどほどにしてきた。そして無事に専業主婦になれた。」

さらに

「せっかく勉強して努力して仕事しても、専業主婦になれないなんて…。私のように人生を歩むのが専業主婦になる最短距離なのに。」

と書かれていました。

私は専業主婦が退屈だとも、暇だとも思いません。

家事は、やってもやっても終わりがないですもんね。

もちろん、専業主婦が悪いことだなんて思いません。

それに、私も専業主婦になることが夢で、他に夢なんて何もなかったので、お気持ちや考えはすごくよくわかります。

でもそのことを、全世界に発信するのは違う気がしました。

そらまめ
自分で自分を幸せにしたいって思うことってそんなおかしい?自分で稼ぐことも大事ちゃう?

若い女の子に読んでほしくないなと思いました。

王子様なんていないから。

もし王子様と結ばれたとしても、ずっと変わらないものなんてないから。

若い子がブログなんて読まないとも思うのですが…。

まとめ:すずひさんのブログと『女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと』

  • 『女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと』は最高に面白い。
  • 娘たちにも読ませたい!女の子が生きていくときに知っておくべきことが書いてある
  • ミニマリストすずひさんは、専業主婦を推してるけど、人生何があるかわからない