介護職が妊娠したら?後悔しないために【失敗談あり】

介護の仕事の話。
介護士
妊娠したみたい…嬉しいけど、仕事どうしよう?今まで通り働けないよね?夜勤はできる?

そんな不安を抱えている介護士の妊婦さんに、「介護職が妊娠したら?」について解説したいと思います。

そらまめ
また、私が介護職で妊娠したときの失敗談もご紹介します

もし介護職でマタハラに苦しんだ場合は、育休後にサクッと転職することをおすすめします。

介護の仕事を探すなら、パソナライフケアがオススメです( ´∀`)

>>>介護職・保育職の求職者向け人材サービス『パソナライフケア』
この記事では
・介護職が妊娠したら、まず上司に報告【タイミングは?】

・今まで通り働けなくなるけど、そんなの当たり前

・介護職で妊娠した時の失敗談

・マタハラされたら、育休明けに他の施設に転職するのもあり

について書いています

 

介護職が妊娠したら?後悔しないために【失敗談あり】

不安を抱えている妊婦さんもたくさんいると思いますが、大丈夫です!

まず自分の身体とお腹の赤ちゃんを守ってください(´∀`)

介護職が妊娠したらまず上司に報告!タイミングは?

妊娠した場合、勤め先の上司に報告すると思います。

一般的には、安定期に入ってから報告する方が多いと思いますが、介護職の場合は報告した方がいいタイミングが異なります。

なぜなら、身体を動かす仕事だからです。

それに夜勤がある場合、リスクを考えて免除してもらう方がいいと思います。

そらまめ
これらの理由から、安定期に入る前に直属の上司に報告する方がいいと思います
労働基準法では、「妊産婦が請求した場合」休日労働や時間外労働、深夜業をさせることはできません

今まで通り働けなくなるけど当たり前です

介護職で妊娠したら、今まで通り働けないと思います。

でもそんなの当たり前です。

なぜなら、介護職は身体への負担が大きい作業や、転倒の危険がある業務がほとんどだからです。

例えば
・移乗介助

・入浴介助

・排泄介助

認知症の方の見守りだって、不穏になった利用者さんから暴力を受ける可能性もあるので危険です。

そらまめ
職場の妊婦が仕事しないと嘆く、介護士さん。悪いのは施設やで

介護職の妊婦が仕事しない?できる業務が少ない【そもそも無理】

介護職で妊娠した時の失敗談

私が10年ほど前、介護職で妊娠した時の失敗談をご紹介します(^^)

それは、無理して夜勤をしたことです。

妊娠が発覚してすぐに直属の上司に報告→どうしてもこの日だけ夜勤に入って欲しいと頼まれる→無事に夜勤業務を終えたあと、怖くなって泣く

という流れでした( ;∀;)

夜勤が嫌なら嫌」とハッキリ断ればよかったのですが、自分が迷惑をかけていると思い、言い出せませんでした。

今振り返ると、自分の身体とお腹の赤ちゃんが何より大事で、優先すべきだったと思います。

マタハラされたら、育休明けに他の施設に転職するのもあり

もしも介護職で妊娠してマタハラされたら、育休明けに他の施設に転職するのもありだと思います。

育休明けの退職が可能ですが、育児休業はあくまでも復帰が前提です

適当に復帰して、ゆるく働いて転職するか、育休を取らずに退職してもいいのではないでしょうか。

そらまめ
私は育休を取らずに退職しましたが、後悔していません

介護の仕事を探すなら、パソナライフケアがオススメです( ´∀`)

>>>介護職・保育職の求職者向け人材サービス『パソナライフケア』

まとめ:介護職が妊娠したら

ABOUT US

そらまめ
生まれも育ちも神戸の34歳。シングルマザーでしたが、子連れ再婚しました。 経歴はグラフィックデザイナー→介護士→医療系 です。好きなものは、本、スピッツ。 このブログでは、私のあいまいもことした気持ち、おすすめのものやコスメ、介護の仕事などを書いています。