音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!なぜかつまらない映画

音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!! なぜかつまらない映画

この記事には『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』のネタバレが含まれます。さらに本作が好きな人が読むと不快だと思います

音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』という映画をU-NEXTで観ました。

画像元:楽天ブックス

そらまめ

そらまめ

キャストが素晴らしいのに、なぜかつまらない映画でした

監督は、三木聡さん。大好きなテレビドラマ『時効警察』などを手がけた監督です。

時効警察大好きで、そーぶさんまで持っている私ですが、なぜかこの映画はのれず

時効警察そーぶさん
そらまめ

そらまめ

みんな声小さいし(特に吉岡里帆)眠たくなりました

吉岡里帆さんは明日葉ふうかというトラウマから大きな声を出せない役だったので、仕方がないのはわかりますが、全然聞こえない (ノ∀T) 

そらまめ

そらまめ

それこそ音量上げろタコ‼︎って言われそうですが、いつもどおりの音量で観たはず

でも、あいみょんさんが作詞作曲の『体の芯からまだ燃えているんだ』はすごくいい曲でした。

音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!のネタバレありのあらすじ

世界的大人気のシン阿部サダヲ)は4オクターブの音域を持つカリスマロックシンガーです。でも実は声帯ドービングという禁断の手段によって手に入れた歌声と声量でした。

怪しげな注射を打ってライブにのぞむシン。

事務所の社長田中哲司)もマネージャーの坂口千葉雄大)もシンの喉を心配しています。

一方、明日葉ふうか吉岡里帆)は路上ライブを行うも、声が小さすぎて「聞こえない」と言われてしまいます

さらにバンドメンバーに脱退を言い渡されてしまいます。

シンはライブで喉を傷め、大量の吐血→バイクで逃げるも水道管破裂で転倒→水によってメイクが落ちシンとはわからない姿に→ふうかが助けます。

ふうかはシンを近所の女医(麻生久美子)に預けます。

ところが翌日お見舞いに訪れると、シンは病院から姿を消していました。

路上ライブをするふうか。そこにシンが現れます。

ふうかの歌を聞いたシンは「音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!」「お前の歌は不燃ごみだ」と言い捨てます。

ふうかに「やらない理由ばっかり探してんじゃねぇ」と言うシン。

ショックを受けるふうか。さらにタクシーに乗る乗らないをしている時に、ギターが道路に落ちて車に轢かれ壊れてしまいます。

お母さんにもらった大切なギターが轢かれる時、ふうかは大きな声で叫びます。

翌朝、ふうかが寝ていると家にギターが投げ込まれます。そしてシンが現れて「弁償だ」と言います。

ふうかはシンとの出会いにより、以前より声が出るようになり、バンドメンバーにも認められます。

一方、社長と坂口はシンが完全に歌えなくなる前に荒稼ぎをしようと、わざと口パク疑惑をリークしたり、唄えないシンのライブチケットも売りまくり。

ふうかは、シンの正体が大人気ロックシンガーだと気が付き、社長や坂口に追われるシンを匿います。

何やかんや2人で行動するようになり、シンがふうかに『アヴェマリア』を歌ったり。その歌を聞いてふうかが泣いたり。

韓国の釜山に行き喉の手術をしようとすると、隠れ家の爆竹工場まで追手がくる→シンが花火に火をつけて攻撃→逃げようとするも大声を出したシンが吐血して倒れる→シンは捕まってしまいます。

警察に連れていかれる最中、パトカーに乗ったシンと、シンを追いかけるふうかはキスをします。

数年後、坂口が立ち上げた事務所で『絶叫の歌姫』として人気を博すようになったふうか。

対馬から唄えば、韓国 釜山まで声が届くかもしれないと対馬でコンサートを開きます。

韓国の刑務所にいるシンは一言も喋らなくなり、他の囚人に嫌がらせをされています。

ただ、ふうかのライブが始まると、嬉しそうに手を広げて運動場を走ります。

ふうかの歌声はシンまで届いたっぽいのでした(´∀`)

音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!の感想

なぜかつまらない映画

なぜつまらないのかわからないんですが、『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』はつまらない映画でした。

そらまめ

そらまめ

おもしろい要素しかないのに

大好きな『時効警察』の監督だし、時効警察でお馴染みのメンバー(吉岡里帆・麻生久美子・ふせえり・岩松了など)が出てくるし、阿部サダヲさんも大好きだし…

なのにちっとも面白くない(私的に)

途中寝そうになりましたよ。

独特の世界観と笑いにちっとも乗れませんでした。時効警察の猫チャッチャ先生とか大好きなのに。

千葉雄大さんが叩かれまくるし、暴力はいかん暴力は。

しかも千葉雄大さんなんだかブラックな一面あるし。

そらまめ

そらまめ

なぜかダラダラしている映画でした

吉岡里帆さん演じるふうかの歌声が相変わらず小さめ

ラストシーンで、吉岡里帆さん演じるふうかが歌を韓国まで届けるはずが、相変わらず歌声は小さめに感じました。

そらまめ

そらまめ

私のスマホの問題?!

なんか絶叫してる感じではないのに絶叫の歌姫なんて呼ばれてるし。

吉岡里帆さんかわいい&阿部サダヲさん最高

何やかんや文句を書いてしまいましたが、吉岡里帆さんは最高にかわいいし、阿部サダヲさんの演技うますぎて感動しましたよ。

ラストシーンで阿部サダヲさんが撃たれるかも、というときは『彼女がその名を知らない鳥たち』を思い出して切なくなりました。

そらまめ

そらまめ

ツッコミがちな関西のアラフォー。
シングルマザーでしたが、子連れ再婚しました。
【経歴】グラフィックデザイナー→介護士→医療事務
【夢】3年後にマレーシア(行ったことない)に移住する
【好き】スピッツ・本・映画鑑賞・コスメ・スキンケア

FOLLOW

関連記事