何でこんなに切ないんだろう…江國香織さん『落下する夕方』の話。

恋に効く本の話。

私は江國香織さんの『落下する夕方』を読むと、すごく切ない気持ちになります。

なぜなら、登場人物の誰にも共感できないのに、丁寧に繊細に書かれているので、いつの間にか自分のことのように感じ、胸を刺すからです。

江國香織さんの不思議な世界は、寂しい気持ちになるのに、心地よいです。

切ない気持ちになりたい人、恋をしている人、かつて恋をしていた人…みんなに読んでほしい一冊です。

この記事は
江國香織さん『落下する夕方』について書いています。

江國香織さん『落下する夕方』の魅力

簡単なあらすじ

梨果は8年間同棲していた健吾に、突然別れを告げられる。

家を出てしまった健吾の代わりに、なぜか健吾の新しい恋人・華子が押しかけてくる。

梨果は愛する人の心を奪った華子のことを憎めず、彼女の魅力に取りつかれていく。

すると健吾も華子を追って梨果のもとへ来るようになり…。

梨果が静かにゆっくり失恋していく様子と、奇妙な三角関係を描いた恋愛小説。

華子の魅力に振り回される人たち

梨果は自分と別れた元カレの恋人・華子と一緒に暮らすうちに、華子の魅力に取りつかれていきます。

元カレの恋人なんて、憎らしく思ってしまいそうなのに、華子のことは憎く思えない。

それどころか惹かれていってしまう。

それくらい華子は魅力的な女性です。

1ミリグラムの誤差もなく、正しい重さの「おかえりなさい」を言う華子。

自由でつかみどころがなくて、明るいのに絶望している華子。

新聞紙の上に横になって、焼き芋になったみたいという華子。

男性は華子みたいな女性を愛してしまうんだろうなと思います。

決して自分のものにならず、誰のものにもならず、誰かのポケットに入って休みたいと言う華子のことを。

華子にどうしようもなく惹かれるのは、華子が絶望しているから

「私はいつも逃げてばっかり」

むしろたのしそうに、うたうように華子はそう言った。

「そういう人生なの、逃げまわって逃げまわって、でも結局絶対逃げられない」

『落下する夕方』p230より引用

華子は梨果にこう言います。

みんなが華子に惹かれて、愛してしまうのも、執着してしまうのも、華子が絶望しているから。

田辺聖子さんの『ジョゼと虎と魚たち』のジョゼが魅力的なのも、ジョセが絶望しているからだと思います。

冷静で、明晰で、しずかで、あかるくて、絶望しているものは美しい。

昼と夜の間の夕方みたいに。

雨上がりの澄んだ空気みたいに。

「華子になりたい」と思う人も多いと思います。

たくさんの男性に愛されて、執着される華子。

でも華子はそんな風に執着されるのも、期待されるのも辛かったんだろうな。

私はむしろ、梨果の方が、強くて自由な気がします。

元カレを忘れられず、元カレの愛した人と過ごす梨果の方が、ずっと希望があるように感じます。

『落下する夕方』映画も観たい

1998年に映画化されているんですが、梨果を原田知世さん、華子を菅野美穂さん、健吾を渡部篤郎さんが演じておられます。

素晴らしすぎるキャスティング!!

観るしかないですね。

透明感溢れる作品なんやろうなって観る前から思っています。

菅野美穂さんが演じる華子を観てみたいです。