ザ・ファブル1は面白い映画!ネタバレありの感想/原作ファンが観たらひどい?

ザ・ファブル1は面白い映画!ネタバレありの感想/原作ファンが観たらひどい?

この記事には映画『ザ・ファブル』のネタバレが含まれますのでお気をつけください

そらまめ

そらまめ

映画『ザ・ファブル』をU-NEXTで観ました

ちなみにアマゾンプライムビデオでも見放題で観れるようです。

画像元:Joshin web

アクション映画はちっとも好きじゃなく、どちらかと言うと苦手なんですが、ギャグ要素多めで面白かったです( ´∀`)

原作ファンには不満も多かったみたいなんですが、原作を読んでいない私は楽しめましたヘ(゚∀゚*)ノ

岡田准一さんがスタントなしで演じたというアクションがとにかくすごいです。

https://kiitahanashi.com/wp-content/uploads/2020/04/IMG_4980.jpg

アクションがすごい

アクション映画は苦手だけど、ギャグ要素多めで面白い

『ザ・ファブル』映画1ネタバレありのあらすじ

超人的な戦闘能力を持つ伝説の殺し屋ファブルは、育ての親であるボスから、1年間殺し屋を休業して普通の人間として生活するよう命じられる。もし誰かを殺したらボスによって処分されてしまうという厳しい条件の中、「佐藤アキラ」という偽名と、相棒ヨウコと兄妹という設定を与えられ、大阪で暮らしはじめたファブルは、生まれて初めての日常生活に悪戦苦闘。そんな中、偶然知り合った女性ミサキがある事件に巻き込まれたことから、ファブルは再び裏社会に乗り込んでいく。

映画.comより引用

伝説の殺し屋ファブル岡田准一)はボスから“1年間誰もコロさずに普通の人として暮らすように”命じられます。

もし誰かをコロしてしまったら、ボスによって処分という厳しい条件の中「佐藤アキラ」という偽名で大阪で暮らし始めます。

相棒ヨウコ木村文乃)とは兄妹という設定で、普通の人になろうと頑張るファブル。

偶然出会った超絶かわいいミサキ山本美月)が、えちえちな撮影をさせられそうになったり、893の抗争に巻き込まれたりもしますが、無事に誰もコロさずに解決!めでたしめでたし

『ザ・ファブル』映画1ネタバレありの感想

岡田准一さんのアクションがかっこいい

岡田准一さんのアクションがかっこいいですヘ(゚∀゚*)ノ

ノースタントなんてすごすぎます。

そらまめ

そらまめ

しかもひらパー兄さん

娘にも強くなってほしいです( ´∀`)単純…

山本美月さんがかわいい

山本美月さんがとってもかわいいです。。

関西弁が下手でも全然いい!むしろ下手であってほしい!言葉なんていらない!

裏社会の抗争はちっとも興味ない

893の抗争とか“落とし前つけて小島が海老原に殺されちゃう”とかは、興味ない…というかただただ怖かったです(ノω・、)

原作ファンは不満っぽい

他の方の感想を読んでいたら、原作ファンは不満っぽいですね(ノ∀T) 

どうやら「原作のイメージとキャストが違う」とか「原作ではそんなにガチャガチャしていない。落ち着いた雰囲気」という声が多いみたいです。

私は原作を読んでいないので、面白かったです( ´∀`)

そらまめ

そらまめ

ツッコミがちな関西のアラフォー
【経歴】グラフィックデザイナー→介護士→医療事務
【夢】3年後にマレーシア(行ったことない)に移住
【好き】スピッツ・本・映画鑑賞・コスメ・スキンケア

FOLLOW

関連記事