チープカシオの電池交換*料金は110円?!自分で簡単に交換できた

お気に入りの話。
チープカシオをつけているところ

仕事中は『チープカシオ』をつけているんですが、とうとう電池切れになりました…(´・ω・`)

とはいえ、4年以上もったのですごいです!

900円〜買えるリーズナブルな値段から『チープカシオ(チプカシ)』と呼ばれ大人気の時計。

『チープ』といえ、機能性も精度もバッチリです(^^)

名前
さすが、日本を代表する時計メーカー

軽くて、シンプルなデザイン。視認性も高いので、小学生の娘も愛用しています。

日常生活用防水に対応しているので、汗や手を洗うときも安心です。

そんなお気に入りの、チープカシオの電池が切れてしまい、自分で電池交換をしてみました。

本当はお店で電池交換してもらおうと思ったんですが、料金が1000円くらいとのこと…。

1000円前後で購入した時計の電池交換に、1000円かけるのはな…と思い、自分で電池交換することにしました。

不器用な私でもとっても簡単に、料金も110円でできたので、チプカシは自分で電池交換することをおすすめします!

若干傷つくと思うので、料金を安く済ませたい方だけ自己責任で行ってください
この記事では
チープカシオの電池交換を自分でする方法について書いています

チープカシオの電池交換*料金は110円?!自分で簡単に交換できた

チープカシオMQ24

大事なチープカシオの電池が切れた…(ノД`)シクシク

チプカシの電池を100均で

ぶっちゃけ時計本体も安いし、新しいものを買い直そうかとも思ったんですが、この時計は亡くなったおばあちゃんとお揃いで買った思い出の時計(´;ω;`)

だけど電池交換にお金をかけたくないので、100均で電池を買ってきました。

百均で購入したSR626の電池

同じ電池にしたい方は、こちらです↓

チープカシオ(MQ-24)を自分で電池交換してみた

チープカシオの裏側に型番が書いてあります

裏側に、型番が書いてあります!

私のチプカシはMQ-24でした。

チプカシの裏側をドライバーで開けているところ

↑こんな感じで、ドライバーを金具部分に差し込んで、テコの原理で持ち上げます。

逆側にもドライバーを差し込んで持ち上げます。

チープカシオの裏側をあけたところ

金具を外したら、こんな感じです。

あとは、電池を押さえてる棒をずらして、新しい電池に交換するだけ( ´∀`)bグッ!
めっちゃ簡単です!

そらまめ
不器用な私でもサクッとできて、料金も110円ですんだので、安く済ませたい方はぜひに

チープカシオはどこで買える?

チープカシオをつけた腕

チプカシは薄くて、軽くて、つけていることを忘れるほど!

仕事中は特に、人に当たってはいけないので、チプカシの薄さ(厚さ7.8mm)に助けられています(^^)

そんなチープカシオは、

  • ホームセンター
  • 電気屋さん
  • Amazonや楽天

などで購入することができます。

そらまめ
シンプルなデザインなので、どんな服装にもあいますよ

まとめ:チープカシオの電池交換の料金

  • チープカシオの電池交換の料金は1000円ほどと言われた
  • チープカシオ自体が1000円ほどで買えるので、自分で電池交換してみた(かかった料金110円)
  • チプカシと同じ電池にしたい方は、こちらの電池
  • チプカシは薄くて軽いので、つけていることを忘れるほど◎視認性も高く、日常生活用防水に対応している