キャンプグッズのプレゼントにおすすめ*予算3000円

スタンレー真空マグ

最近、キャンプ好きな夫に、スタンレーの真空マグをプレゼントしました。(ちゃっかり自分のも)

私も夫も、家でコーヒーを入れても、いっきに飲まずにチビチビ飲んでいます。

その間にホットコーヒーの温度が冷めたり、アイスコーヒーの氷が溶けてしまうのが気になっていました。

スタンレーの真空マグは、真空断熱構造で、温度キープはもちろん、熱い飲み物を入れても表面は熱くならず、冷たい飲み物を入れても結露が出ないという優れものです!

[voice icon=”https://kiitahanashi.com/wp-content/uploads/2020/04/名称未設定のデザイン.png” name=”そらまめ” type=”l”]ホットコーヒーをずっとホットで飲める幸せ[/voice]
完全密封でバッグに入れても漏れないので、お出かけにも◎

キャンプ好きなのになかなか行けない夫に、気分だけでも味わってほしくてプレゼントしたところ、めっちゃ喜んでくれました(^^)

[voice icon=”https://kiitahanashi.com/wp-content/uploads/2020/04/IMG_4980.jpg” name=”そらまめ” type=”l”]お値段は3000円くらい!ちょっとしたプレゼントにおすすめです[/voice]

[box class=”pink_box” title=”この記事では”]キャンプグッズでプレゼントにおすすめ(予算3000円)スタンレーの真空マグについて書いています[/box]

キャンプグッズのプレゼントにおすすめ*予算3000円

スタンレー真空マグ

[voice icon=”https://kiitahanashi.com/wp-content/uploads/2020/04/IMG_4980.jpg” name=”そらまめ” type=”l”]キャンプ好きな夫に、家でも使えるキャンプグッズをプレゼント[/voice]

楽天の『plywood』さんで3000円ほどでした(^^)

スタンレーの真空マグは、

  • 軽い(約240g)
  • 保温力、保冷力が抜群
  • 食洗機で洗える
  • パッキンも取り外して丸々洗える
  • 身体に有害なBPAフリー
  • 過酷な状況でもほとんど錆びない!

と、とっても優秀なんです!
家や職場で使うのはもちろん、ちょっとした山登りやキャンプにもぴったりです。

[voice icon=”https://kiitahanashi.com/wp-content/uploads/2020/04/名称未設定のデザイン.png” name=”そらまめ” type=”l”]キャンプが趣味な夫に、ぴったりのプレゼントでした[/voice]

画像元:plywood 

私的に1番嬉しいのは、まるっと食洗機で洗えるところだったりします。

コンビニコーヒーのSサイズ(150cc〜160cc)にピッタリです( ´∀`)bグッ!

そもそもスタンレーって?

STANLEY(スタンレー)とは、100年以上の歴史のある、アメリカのマサチューセッツ州で誕生したブランドです。

アメリカを代表するサーマルウェアのブランドで、高い技術と耐久性で、何十年も愛用できる製品ばかり。

信頼のあるブランドです。

スタンレーの真空マグの容量と値段

私が購入したマグは、

[box class=”green_box”]・容量230ml

・値段3,000円くらい[/box]

でした。

ぶっちゃけ安くはないけど、ガンガン使っても長く使えそうなので、いい買い物したと思います。

何より、温かい飲み物を温かい状態で、冷たい飲み物を冷たい状態で飲めるのは、生活がかなり豊かになります

まとめ:キャンプグッズのプレゼント(予算3000円)

  • キャンプグッズのプレゼント(予算3000円)でおすすめなのは、スタンレーの真空マグ
  • スタンレーの真空マグは、温度キープはもちろん、熱い飲み物を入れても表面は熱くならない
  • スタンレーの真空マグは、食洗機で洗えるので便利
  • STANLEY(スタンレー)とは、100年以上の歴史のある、アメリカを代表するサーマルウェアのブランド
  • 容量230ml値段3,000円くらいで、安くはないけど長く使えるのでお得!
  • キャンプグッズでちょっとしたプレゼントを探している方におすすめ
そらまめ

そらまめ

生まれも育ちも神戸の34歳。シングルマザーでしたが、子連れ再婚しました。
経歴はグラフィックデザイナー→介護士→医療事務です。
好きなものは、本・スピッツ。
このブログでは、私のあいまいもことした気持ち、おすすめのものやコスメ、介護の仕事などを書いています。

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事