ほぼ日手帳を使いこなせない/続かないという方へ【気負わなくてオッケー】

ほぼ日手帳を使いこなせない 続かないという方へ 気負わなくてオッケー

ほぼ日手帳って人気だけど、使いこなす自信ないな…最初だけ頑張って、続かなさそう

ほぼ日手帳を使いこなせないと悩んでいる人

ほぼ日手帳を使いこなせないと悩んでいる人

こんな方におすすめのほぼ日手帳の使い方はおしゃれじゃなくていいから自由に書きたいことを書くということです。

気楽に書きたいことを書くといいと思われます!

そらまめ

そらまめ

私は黒一色のボールペンで書きなぐっています

私は、ほぼ日手帳を6年くらい使っているのですが

  • 叶えたい願いごとや達成したい目標を書くため
  • その日あった嬉しいことや嫌なこと、悩み事などを書きなぐるため

という使い方をしています。

そらまめ

そらまめ

ほぼ日手帳に書くと、結構叶うんですよね〜

ちなみに、去年(2019年)から5年分の記録を一冊にまとめられる、ほぼ日5年手帳を使っています!

ほぼ日手帳とは

ほぼ日5年手帳

私は、ほぼ日手帳

  • 叶えたい願いごとや達成したい目標を書くため
  • その日あった嬉しいことや嫌なこと、悩み事などを書きなぐるため

に使っています。

もうかれこれ6年くらい使っていますが、本当に、ほぼ日のおかげで人生がいい方に進んだと思います。

ほぼ日手帳とは、2021年で20年目を迎える、自由に使える手帳です。

画像元:公式サイト

1日1ページの自由なスペースが特徴で、毎日のスケジュールはもちろん、体重や食べたものを記録してダイエット手帳にしたり、子どもの成長を書き残して育児日記として使うこともできます。

ほぼ日5年手帳は、5年分の同じ日付で2ページ

方眼なので、方眼フェチには堪りません!

ほぼ日手帳に使用されているトモエリバーという紙は、とっても書きやすくて、自分の字がキレイになったと錯覚します!

ほぼ日手帳は、おしゃれに使わなくても自分流でオッケー

画像元:公式サイト

ほぼ日手帳と言えば、SNSにおしゃれな使い方をアップしている人もいて、なんとなくハードルが高いイメージですよね。

でも気負わずに、自己流で使うのが一番だと思います!

私は、黒一色でバーっと適当に書きなぐり、たまに子どもと観た映画のチケットなどを貼り付けています。

ほぼ日手帳で願いが叶った

私はほぼ日手帳で人生がいいほうに進んだと信じています。

叶えたい願いごとや、達成したい目標を箇条書きで書いています。(私は最後のほうのMy Listsのページに書いています)

すると結構叶うんです!

今年(2020年)叶った願いごとや、達成した目標

✔ホットヨガに通う(ホットヨガではありませんが、オンラインヨガをはじめることができました)

>>>家から徒歩0分のヨガスタジオ

✔年に一度は家族で旅行に行く

✔節約する(買い物依存症を克服?できたので)

✔かかとにクリームを塗って寝る

…など

そらまめ

そらまめ

まぁまぁ調子いいんじゃないでしょうか

ほぼ日手帳で、自分の気持ちの棚卸し

自分の気持ちをそのまま書くことで、気持ちの棚卸しをしています。

どうしようもなくクダラナイことや、愚痴ばっかり書いていますが、書くとスッキリ!

自分の気持ちを大切にするうえでも、重要な作業になっています。

そらまめ

そらまめ

人に見せられないくらい、クダラナイことしか書いていませんが…

基本的に黒いインク一色で、バーっと書きなぐっています。

ほぼ日手帳は裏写り・裏抜けする?

年数がたつと、裏抜けするという意見も耳にします。

なんでも、ほぼ日手帳に使われているトモエリバーは裏抜けしやすいんだとか…

さらに、ほぼ日手帳の購入時についてくるボールペン(ジェットストリーム)は裏抜けしやすいそうです。

ほぼ日手帳の裏写り・裏抜け

一年前に書いた文字の裏側を見てみると、こんな感じでした…!

裏写りしていますが、私的には気になるほどではないです◎

ちなみに、家族で掬星台に行けた☺景色さいこーだった!!と書いています

気になる方は、裏抜けに強いゼブラのクリップオンマルチをおすすめします。

  • ほぼ日手帳の使い方は自由!自己流で使ってオッケー
  • 私の場合は、
    ・叶えたい願いごとや達成したい目標を書くため
    ・その日あった嬉しいことや嫌なこと、悩み事などを書きなぐるため に使っている
  • ほぼ日手帳で、毎日がさらに楽しくなった
そらまめ

そらまめ

ツッコミがちな関西のアラフォー。
シングルマザーでしたが、子連れ再婚しました。
【経歴】グラフィックデザイナー→介護士→医療事務
【夢】3年後にマレーシア(行ったことない)に移住する
【好き】スピッツ・本・映画鑑賞・コスメ・スキンケア

FOLLOW

カテゴリー:
タグ:
関連記事