『僕は妹に恋をする』は気持ち悪い映画/ネタバレありのあらすじと感想

『僕は妹に恋をする』は気持ち悪い映画/ネタバレありのあらすじと感想

この記事には映画『僕は妹に恋をする』のネタバレが含まれますので、お気をつけください。また本作が好きな人が読むと不快になると思います

そらまめ

そらまめ

だいぶ前に観た『僕は妹に恋をする』をU-NEXTで再び観ました

私は“登場人物がみんな変”で“なぜか暗い”映画が好きみたいです( ´∀`)

映画『僕は妹に恋をする』ではなぜか、母親役の浅野ゆう子さんが暗い!

そらまめ

そらまめ

なんでそんなに暗いのか…しかも兄妹で愛し合ってること薄々気づいてそうだし。じゃあ別々の部屋にしろよ

義兄妹の恋愛ものは受け入れられるけど、血が繋がってたらちょっと気持ち悪い( ゚д゚)という方も多いのではないでしょうか。

安心してください!結局 異父兄弟らしいです←

え?兄弟じゃないってこと?

そらまめ

そらまめ

いいえ、兄妹です!イエス兄妹!母親は同じなので血が繋がっています

映画では異父兄弟である、ということも触れられていません

https://kiitahanashi.com/wp-content/uploads/2020/04/IMG_4980.jpg

独特の暗さとアホさがクセになる

榮倉奈々ちゃんの演技が初々しい。登場人物みんな変で暗い映画

『僕は妹に恋をする』キャストなど

2006年製作/122分/日本

監督:安藤尋

原作:青木琴美

キャスト:松本潤・榮倉奈々・平岡祐太・小松彩夏・浅野ゆう子

『僕は妹に恋をする』ネタバレありのあらすじ

高校3年生の郁は、幼い頃からずっと仲の良かった双子の兄・頼の態度が最近冷たくなったことに悩んでいた。ある夜、頼はベッドで眠る郁にキスし、自分の本当の想いを打ち明ける。郁も頼の気持ちを受け入れ、ふたりは結ばれるが……。報われることのない禁断の恋に落ちた兄妹の、切なくも美しいラブ・ストーリー。

映画.comより引用

双子の兄・松本潤)ったら双子の妹・榮倉奈々)のことを好きになっちゃいまして。

高校生の有り余る性欲 情熱を妹にぶつけます( ゚д゚)

友達の矢野 立芳(平岡祐太)も郁が好きなんですが、なぜか郁と頼の関係を応援するよき理解者に( ゚д゚)

楠 友華小松彩夏)は何度も頼にフラれているのに「私じゃダメ?」「気持ちが聞きたくて」と同じことを言います( ゚д゚)

もう 記憶が少ししか保たないか、タイムループして同じ日を繰り返してるとしか思えません。

なんだかんだあり、頼と郁は幼いころに結婚を誓った草原でおんぶをし合って終わりです。めでたしめでたし

『僕は妹に恋をする』ネタバレありの感想/気持ち悪いです

暴走する兄・頼

いきなり妹にキスして「俺か他の男か選んで。俺を選ぶなら自分からキスして」とか暴走しすぎ。

さらに妹と晴れてセクロスし合う仲になったのに、なぜか友華小松彩夏)と付き合っちゃうし。

わけわからん( ゚д゚)

セフレでもいい高校生とは

友華は何度も何度も「私じゃダメ?」「頼の気持ちを聞かせて」と繰り返します。

さらに頼に誘われてラブホについて行きます。

「俺としたいんだろ?川´_ゝ`)」「したいよ」って高校生で“セフレでもいい”なんて色々早すぎない?

なぜかずっと暗い浅野ゆう子

なぜ双子の母を演じた浅野ゆう子さんはずっと暗いの?

ほんで、2人がセクロスしてるかも…と薄々気がついても同じ部屋・同じ二段ベッドってどうなの?

お年頃なら兄妹でも別々の部屋にしませんか?しかも家めっちゃ広そうやし。

原作はもっと気持ち悪い

原作の漫画も読んでみたんですが、ごめんなさい映画以上に気持ち悪かったです(ノω・、)

頼が突然 郁にキスするシーンでは「この人は 誰?」とか書かれてるし(さっきまで頼よりよりより…言ってただろ)

本当にタチの悪いギャグ漫画でした。気になる人はぜひ読んでみてください( ´∀`)

そらまめ

そらまめ

ツッコミがちな関西のアラフォー
【経歴】グラフィックデザイナー→介護士→医療事務
【夢】3年後にマレーシア(行ったことない)に移住
【好き】スピッツ・本・映画鑑賞・コスメ・スキンケア

FOLLOW

関連記事