『溺れるナイフ』映画/おばちゃんには意味がわからないひどい映画でした

『溺れるナイフ』映画 おばちゃんには意味がわからないひどい映画でした

この記事には『溺れるナイフ』という映画のネタバレが含まれます。またこの作品が好きな人が読むと不快だと思うので気をつけて!

一生ぶん、恋をした。』なんてキャッチコピーの『溺れるナイフ』という作品。

画像元:楽天ブックス

「一生ぶん、恋をした(70歳)」と「一生ぶん、恋をした(15歳)」じゃ言葉の重みが違うな、なんて思いつつ観ましたよ!

もちろんアマゾンプライムビデオで( ´∀`)

ちなみにU-NEXTでも見れます

この映画でも共演している小松菜奈さん菅田将暉さんがご結婚されて、本当にハッピーでピースフルな映画です!

と言いたいところですが、『溺れるナイフ』という作品自体は結構 重くてね。

そらまめ

そらまめ

正直、心が汚れきっているアラフォーの私には観る資格がないくらい 意味がわからない映画でした

『溺れるナイフ』映画のネタバレありのあらすじ

東京でモデルとして活躍する スーパーかわいい少女・夏芽小松菜奈)。

父親が故郷である田舎町・浮雲町で旅館を継ぐとかなんとかで、家族で引っ越すことになります。

引っ越して早々、夏芽が海岸をふらふら歩いていたら、金髪でイケメンのコウ菅田将暉)が海の中に入っていた。

お互いに「なんか気に食わないけど、超絶ビジュアルがイイ(`・ω・´)キリッ」という印象を抱いた様子です、知らんけど。

後日、転校生として教室の黒板の前で紹介される夏芽。

モデルとして活躍していた夏芽は、クラスメイトにキャーキャー言われるけど、同じクラスだったコウは全然興味なさそう (ノ∀T) ツンデレかな?

2人は“神さんがどうのこうで、入っちゃいけない海”にドボンしたり コウが「人生これ暇つぶしじゃ」なんてわかったような口をきいたりして…マジで私この偉そうな小僧が嫌い(`Δ´;) ヌゥゥ

そんなこんなで仲良くなります。

コウは、地元一帯を取り仕切る神主一族の跡取り息子らしく、だから一目置かれる存在だそう。

すっぴんの松永カナ上白石萌音)がコウのこと好きそうだったり、小松菜奈がアンニュイなカメラマンにアンニュイな写真を撮ってもらったり、いろいろありながらも夏芽とコウはお付き合いを始めます。

夏祭りの日、浴衣を着た夏芽と白装束のコウがキスしたり、イチャイチャするんですが、コウがお面を被って火を持って歩いている間に夏芽が変態クソ野郎に襲われます

変態クソ野郎に襲われるシーンはマジで胸糞悪かったですm9`Д´しビシッ

コウは夏芽を助けようとしましたが、変態クソ野郎に頭を殴られて倒れちゃいます。そしてそんな自分の不甲斐なさから夏芽を遠ざけるように。

落ち込む夏芽を優しく励ます大友勝利重岡大毅)。

そらまめ

そらまめ

勝利と書いて、カツトシと読みます。運命と書いてサダメと読むタイプ(嘘)

明るくて優しくておもしろくていい感じに笑わせてくれて、こっちにしときぃと言いたくなるようなイケメンです。

小松菜奈が赤い花をくわえていると、バイクに乗ったコウが通り過ぎます。

小松菜奈が海にドボンしたら、コウが助けたりして、そのくせ「お前はめんどくさいんじゃ。お前の人生に巻き込まれるのはもうごめんじゃ」とか言われたり。

そらまめ

そらまめ

コウが生意気なガキンチョすぎて見るに堪えない!夏芽を守れなかったからっていつまでもスネてんじゃねぇ

勝利が夏芽にキスしたり、好意を伝えたりしますが、夏芽はずっとコウを思い続けます。

夏芽に映画のオファーが出たタイミングで、コウとイチャイチャしちゃったり。

もうしっちゃかめっちゃかですわ。

で、いつの間にか上白石萌音ちゃんがメイクして垢抜けて佐藤健とイチャイチャする感じに(嘘です)。

そしてお祭りの日にまた現れた変態クソ野郎は、また夏芽を襲います。マジで許せない!

小松菜奈が菅田将暉に「コロして!!!」なんて絶叫するのも当たり前ですよ。

結局 犯人は自分で自◯して、その後処理をカナとコウがするのでした (ノ∀T) 

「夏芽ちゃんもう2度とコウちゃんに会わんとって」とカナが言うのも無理ないよね。

ラストは映画で賞をもらったっぽい夏芽の映画でイケメソとバイクで2人乗りするんですが、それがいつの間にかコウにかわっていてたわいもない話をして走り続けるのでした。めでたしめでたし。

『溺れるナイフ』という意味のわからない映画のここがひどい

ナイフのような鋭さと痛みを抱えた少年・少女の気持ちがわからない

これは観る側(私)の問題だと思うんですが、ナイフのような鋭さと痛みを抱えた少年・少女の気持ちなんて、おばちゃんには全くわからないんですよ。

共感度ゼロですよ。

そらまめ

そらまめ

この作品も、私のようなアラフォー女に感想を書かれて迷惑していることでしょう

コウちゃんみたいな少年いる?

確かコウちゃんって15歳だよね?

15歳で「人生これ暇つぶしじゃ」なんて言うかしらん?

確かに私も中学生の頃、知ったような口で人生を語っていたりしましたが、黒歴史以外のなにものでもなくて (ノ∀T) アイタタターと思いながらコウをみていました。

夏芽が襲われたあとに、つけ離すコウがわからん

夏芽を変態クソ野郎から守れなくて、不甲斐ない自分に嫌気がさしたのか、夏芽をつけ離すコウ。

そらまめ

そらまめ

はっきり言って最低だよ!

そりゃ悔しいのはわかるけど、2人で手を取り合って というか1番傷ついているのは夏芽なんだから、そこは支えないと!

急に強気になったカナ(上白石萌音)がわからない

地味でおとなしめだったカナ(上白石萌音)が高校生になった途端にメイクして(まぁそれは私もそうだったからわかるんですが)「コウちゃんに会いたいならどこどこに行けばいいよ?」なんて上から目線でアドバイスしたりして。

そらまめ

そらまめ

みんな傷ついた夏芽にひどい!

垢抜け具合がすごいので、こりゃ佐藤健も惚れるわななんて思いました。

どう考えても大友勝利のほうがいい

どう考えても「さすガっス」こと大友勝利のほうが、コウよりもいい人なんですよ。

優しいし明るいし、励まし方もキッスの仕方も素敵っす!

なんで夏芽がそんなにコウに惹かれるのかわかりませんでした。

家が金持ちっぽいから?

変態クソ野郎が胸糞悪い

小松菜奈こと夏芽が変態クソ野郎に襲われる(しかも2回も)が本当に胸糞悪いです。

マジで犯人許せないし、「コロして!!!」って言いたくなりましたよ私も。

夢だか現実だかわからない演出がよくわからない

一年後に、また夏祭りの日に 変態クソ野郎に夏芽が襲われるなんてちょっと信じられないというか…。

親は何してんの?なんて思うんですよ。

3人の娘を持つ私には本当に信じられないし、まぁ高校生くらいになったら“どこで何してるか”を把握しにくいのかもしれませんが。

で、襲われてる時の記憶が夢?現実?みたいな演出でますますわからない。

最後のコウと夏芽がバイクで走るシーンが意味がわからない

最後のコウと夏芽がバイクで走るシーン(現実ではなく、精神と時の部屋で)も意味がわかりませんでした。

そらまめ

そらまめ

私がバカなのかな?

「うみーやまーなつめー!全部ワシのもんだー!」「えぇそうよ、コウちゃんのものよー!」ってこの男のもん?なぜ?家が地元では有名の金持ちっぽいから?

それからは連想ゲームみたいな。

バナナと言ったら黄色、黄色と言ったらピカチュウ…みたいな連想ゲームでくすくす笑う2人。

これが青春なの?だったら私いらない!(アラフォーに言う資格なし)

まとめ:意味がわからないけど美しい映画でした

溺れるナイフ』という映画、意味がわからないけど美しい映画でした。

小松菜奈さんの美しさに平伏すしかないし、菅田将暉くんのヤンキーかぶれな役なのに気品が漂う感じもさすがっす!と思いました。

ジョージ朝倉先生の原作はこちら↓

そらまめ

そらまめ

ツッコミがちな関西のアラフォー。
シングルマザーでしたが、子連れ再婚しました。
【経歴】グラフィックデザイナー→介護士→医療事務
【夢】3年後にマレーシア(行ったことない)に移住する
【好き】スピッツ・本・映画鑑賞・コスメ・スキンケア

FOLLOW

関連記事