『ある日、私の家の玄関に滅亡が入ってきた』第2話ネタバレ感想:滅亡が素敵

※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。ご了承ください。

冷房がきいているところだとお腹が冷えるアラフォーです。

#多分 脂肪のせい

『ある日、私の家の玄関に滅亡が入ってきた』は主人公ドンギョンがツイてなさすぎで可哀想だけど、全てをチャラにするくらい滅亡くんが素敵!

前回のあらすじと感想はこちら↓

第1話

『ある日、私の家の玄関に滅亡が入ってきた』第2話ネタバレあらすじ感想

韓国ドラマ 滅亡 パク・ボヨンとソ・イングク
出典:tvN

世界の滅亡を願え

散々な1日が、両親の命日だったタク・ドンギョン(パク・ボヨン)。

世界の滅亡を願って叫ぶと、イケメン滅亡くん(ソ・イングク)が家にやってくる。

スマホの電源が消え、家のドアの鍵も閉まってしまう。

戸惑うドンギョンに滅亡くんは「世界の滅亡を願え」と、夢の中にまで現れる。

さらに電車の中や、会社にも現れる滅亡くん。

滅亡くんは、世界の滅亡を願っていたが、自分の願いは叶えられなかった。

“滅亡”よりも上位の人間の願いなら叶えられると言う滅亡くん。

滅亡の手を取る

横断歩道の途中で、頭痛でしゃがみ込んでしまうドンギョン。トラックが突っ込んできて轢かれそうになる。

滅亡くんが時を止めて助けてくれる。「選べ ここで死ぬか俺の手を取るか」と言われて、滅亡くんの手を取るドンギョン。

カフェで契約成立のショーを見せてくれる滅亡くん。

電気を止めたり、流れ星が降ってきたり、全知全能の神としか思えん(`・ω・´)キリッ

滅亡くんの手を離すことが怖いドンギョン。

1日1回手を繋いで充電する赤い腕輪を手首につけてくれる滅亡くん。

自殺を止める滅亡くん

無差別殺人の犯人が留置所で自殺しようとする。

滅亡くんが駆けつけて止める。

作家を励ますドンギョン

作家ジナ(シン・ドヒョン)は、作家として行き詰まり、自暴自棄になっていた。

ドンギョンは励まし、コンビニに買い出しに行く。

神様と滅亡

滅亡くんは少女神(チョン・ジソ)に会いに行く。2人の会話がさっぱりわからない(ノ∀T) 

「悪さをすれば罰が」と言う少女神に「罰なら受けている」と返す滅亡くん。

…えーっと結局 なんの話?

職場に押しかける元カレ

実は既婚者だったドンギョンの元カレが、職場に押しかける。

「タク・ドンギョンは責任を取れ」と叫ぶ元カレ。

妊娠中の妻が出て行った様子で、みんなの前でドンギョンを責める。

ドンギョンは退職しようとするも、チーム長にさらっと却下される。

いいなぁ私も全知全能の神的存在(しかもイケメン)に守られたいッ!

韓国ドラマ『ある日、私の家の玄関に滅亡が入ってきた』も見れるU-NEXT、おすすめです!

そらまめ

そらまめ

今なら31日間無料トライアル中です

次のお話はこちら↓

そらまめ

そらまめ

ツッコミがちな関西のアラフォー
【経歴】グラフィックデザイナー→介護士→医療事務
【夢】3年後にマレーシア(行ったことない)に移住
【好き】スピッツ・本・映画鑑賞・コスメ・スキンケア

FOLLOW

カテゴリー:
タグ:
関連記事