歳上の女性の方が魅力的だとは言いたくない

あいまいもことした気持ち。
そらまめ
この記事は、個人的な感想をダラダラと綴っています。面白くもなんともありません(いつもや)

職場に年下ばかりいるせいか、自分の年齢をいうものを強く意識するようになりました。

平成生まれももうアラサーならば、昭和生まれの私がもうアラフォーなのは当然なのかもしれません。

「歳を重ねた女性には、歳を重ねただけの魅力がある」というのは事実。

でも「歳を重ねた私になんの魅力があるんだ」と言われれば、特にない気もします。

若い時の方が肌とか髪とかキレイだったと思うし…人間としても歳をとっただけで、大して成長していません。

歳上の女性の方が魅力的だとは言いたくない

歳上の女性の方が魅力的なのか

歳を重ねるほど素敵になる女性もたくさんいます。(もちろん男性も)

でも、どこに行っても歳上になってしまった今、「歳上の女性の方が魅力的」だとは言いたくありません。

そらまめ
やっぱ、若さには勝てへんわ〜

くらいのゆるい感じでいたい。

全力で老いと戦うのも、ちょっと違う気がするし、ハセキョーみたいに「熟した女のエロス、教えてあげる♡」というのも、私には無理。

おしゃれしてモテるのは「25歳」まで

ひろゆきさんの著書『無敵の思考』に

おしゃれしてモテるのは「25歳」まで

と書かれていました。

確かに、おしゃれだからトクするなんてことはコスパが悪いのかもしれません。

そらまめ
モテるためにおしゃれをするんじゃなくて、自分が好きだから、心地よいから、気分が上がるから…様々な理由でおしゃれは楽しむものだと思いますが…

アラフォーの私は、清潔感のあるファッションを心がければ、あとはなんでもいいような気がします。

30代ももう半ば。

働く⇒ストレスでお金を使う⇒働く…の負のループから抜け出して、お金をかけずに楽しんで生きたいです。

頑張っても20代には戻れないし、飲みに行けるようなご時世じゃない。

そもそもお酒が飲めない。

友達もいなければ、恋愛を楽しむなんてことも、もう一生ないと思う。

だけど、お金をかけずに楽しいことができればアラフォーも悪くない気がします。

仕事は適当に、怒られない程度に肩の力を抜いて働きたい。

そして家に帰ったら、一時間でもいいからアマプラでドラマを観たり、映画を観たりしたい。

そんな風に思う、そらまめだった。(誰やねん)

ABOUT US

そらまめ
生まれも育ちも神戸の33歳。シングルマザーでしたが、子連れ再婚しました。 経歴はグラフィックデザイナー→介護士→医療系 です。好きなものは、本、スピッツ。 このブログでは、私のあいまいもことした気持ち、おすすめのものやコスメ、介護の仕事などを書いています。