出産の入院準備のバッグと中身【リアルな体験談】

お気に入りの話。
昔のそらまめ
出産の入院準備って何をバッグに入れたらいいんだっけ…?
過去3回出産しましたが、毎回、入院準備に何を入れていいか迷っていました。

また、出産の入院準備を入れるバッグも、毎回「かわいいバッグのほうがテンション上がるんだっけ…?」と迷っていました。

前回の出産が記憶に残っているうちに、『これ持っていけばよかった!』と後悔した入院準備とおすすめのバッグについて書きたいと思います。

この記事では
出産の入院準備の中身とバッグについて書いています

出産の入院準備のバッグと中身【リアルな体験談】

出産の入院準備におすすめのバッグ

過去3回の出産で、いつもかわいいを重視したバッグを選び、後悔しています。

ぶっちゃけ入院準備のバッグなんて、かわいくなくていいです。

そらまめ
どうせ、クローゼットの中などに閉まっておくし、入院中はバッグがかわいいとかどうでもいいくらい、必死ですから!

おすすめの入院準備を入れるバッグは、マザーズバッグとエコバッグの2個を用意することです。

  • 実際に産後使う予定のマザーズバッグに、細かいものを入れる
  • ガシガシ入るエコバッグに衣類などを入れる

ボールペンとか、ベビー用の爪切りとか、手帳とかスキンケアとか…細かいものはマザーズバッグに入れることをおすすめします。

ポケットが多いので、分けやすいです。

【出産の入院準備】絶対にバッグに入れたほうがいいものリスト

  • 飲み物は多めに持っていくほうがいい(スポーツドリンクのペットボトル)
  • 産褥ショーツは多めに持っていくほうがいい
  • ベビー用の爪切りハサミは必須
  • 授乳ブラ
  • フェイスパック

飲み物は多めに持っていくほうがいい(スポーツドリンクのペットボトル)

多分、産院によって違うと思うのですが、私が出産した産院は飲み物持参でした。

出産時、喉がカラカラ汗ダラダラだったのですが、持参していたスポーツドリンクは一瞬で飲み干してしまい…

夫に買ってきてと頼むも、時間がかかってイラッとしたので…絶対に飲み物は多めにバッグに入れておくほうがいいと思います。

産褥ショーツは多めに持っていくほうがいい

産褥ショーツは、産院で2枚支給されて、洗濯もしてもらえたのですが、それでも足りなかったです。

なんせ、産後はトイレに行くのも必死。

点滴つないだままトイレに行って、産褥シーツの替えがなくて絶望して、さらに点滴が逆流して血だらけになったのも切ない思い出。

そらまめ
産褥ショーツは、産後に確実に使えるので、多めに買っておくと安心ですね

「もっと早く出会いたかった!」と思う、授乳ブラです。

フェイスパック

出産時の入院中に、ゆいいつ自分にしてあげられることが【スキンケア】でした。

自分にかまってられないし、赤ちゃんのお世話以外はほとんど寝て過ごしますが、フェイスパックをペッと顔に貼り付けるくらいはできました。

なので、出産の入院中にフェイスパックはおすすめです!

  • スポーツドリンクのペットボトル
  • 産褥ショーツは多めに持っていくほうがいい
  • ベビー用の爪切りハサミは必須
  • 授乳ブラ
  • フェイスパック
  • おすすめのバッグは、ママバッグ+エコバッグ