『竜とそばかすの姫』ネタバレありの感想/美女と野獣に似てる!?

『竜とそばかすの姫』ネタバレありの感想 美女と野獣に似てる!?

この記事には『竜とそばかすの姫』のネタバレありの感想が書かれています。さらに本作が好きな人は不快になると思いますので、お気をつけください

そらまめ

そらまめ

いつもと同じパン屋さんがパンを売りにくる〜♪

でお馴染みのディズニー映画『美女と野獣』が大好きでね。

画像元:ヤマダ電気

子供の頃テープが擦り切れるまで、ビデオを観ていましたよ。

先日『竜とそばかすの姫』を観たのですが、「あれ?これ美女と野獣に似てる」と思ったので感想をネタバレありで書きたいと思います。

画像元:楽天ブックス

例によってアマゾンプライムビデオで観ましたよ(´∀`)

はっきり言って私はこの作品“無理”でした。

なぜなら、女子高生1人で暴力男のところに向かわせるからです

『竜とそばかすの姫』ネタバレありのいい加減なあらすじ

高知県の自然豊かな田舎町に住む17歳の女子高生すずは、幼い頃に母を事故で亡くし、父と2人で暮らしています。

母は他の子供を救うために溺死していて、それがトラウマになり、明るく元気で歌うことが大好きだったすずは、暗い女子高生になってしまったのでした。

さらに人前で歌うことができなくなり、クラスメイトとカラオケに行けば吐いてしまうほど。

幼馴染のイケメンに片想いしていて、さらにその幼馴染もすずのことが好きっぽいのに周りの目が気になって避けてしまうすず。

ある日、友人のヒロに誘われて、仮想世界『U(ユー)』にベルという名前のアバターを作ってみると、自然と歌うことができ、自作の歌を披露するうちに世界中で大人気の歌手となります。

そんなベルの前に「U」の世界で恐れられている竜の姿をした謎の存在が現れます。

「竜」のことが気になるベルはクリオネの姿をした天使(実は竜の弟・トモくん)に導かれ、竜の隠れ家?お城に迷い込みます。

そこには発明家のお父さんがいて「私を父の代わりに閉じ込めてください」…じゃなくて、最初は怒る竜でしたが、次第にベルに心を開き、美女と野獣のダンスシーンにそっくりなダンスを踊ったり、ベルが歌をプレゼントしたりします。

ついには、ベルが竜の頭にキッスをするほど仲良しに。うんうんヨカッタネ(´∀`)

竜の背中にはアザがいっぱい。さらにベルと話している際にもそのアザが光ったり光らなかったりして苦しそう。

竜の正体は実は“父親から虐待されている少年・”ということがわかります。

恵と恵の弟・トモくんを助けるために「U」の世界で顔出しして「すず」として歌います。

友達のヒロや幼馴染のイケメンが名推理をして、恵の住所がわかったすずは、1人で恵とトモくんの住む東京に向かいます。

無事に恵とトモくんに会えたすずは、暴力的なクソ親父が恵を殴ろうとして庇って、顔から出血しちゃいます。

それでも恵を守ろうとするすずに観念して?クズ親父は「ヒィィ」と逃げていきます。

高知県に戻ると幼馴染のイケメンといい感じになったりして、父親との関係も良くなり、さらに人前で歌えるようになって、めでたしめでたし。

『竜とそばかすの姫』ネタバレありの感想

美女と野獣に似てる

竜が、最初はガウガウ言って乱暴者だけど、心に傷をおっていて実はいい奴…というところが、『美女と野獣』の野獣に似ています。

さらにベルと竜のダンスシーンなんて、ベル(美女と野獣のプリンセスの名前)と野獣のダンスシーンにそっくりでした。

そらまめ

そらまめ

え?パクリ?ディズニーさん怒らへん?

と思わず言ってしまったほど。

さらにクリオネの姿をした、竜の弟・トモくんがバラを育てていたりするから、ますます美女と野獣っぽい(`・ω・´)キリッ

そらまめ

そらまめ

美女と野獣でもバラが1つのキーアイテムですよね

アバターが自動生成って微妙

『U』の世界では本人の姿をもとに、アバターが自動生成されるんですが、どうせなら全部自分で作りたいよね(´Д` )

すずは最初っからかわいいベルだったけど、中にはひどいアバターもいますぜ。

現実世界ではやり直しができないけど、Uの世界ではやり直せる」なんていう割に、竜は自警団リーダー、ジャスティスに正体を暴かされそうになったり、全然やり直せる感じじゃない (ノ∀T) 

すずが歌うシーンが『風の谷のナウシカ』っぽい

すずが歌うシーンがナウシカっぽくて。ランランララランランラン…てナウシカかよ!

すずの母の声が『風の谷のナウシカ』のナウシカの声と同じ声優さん(島本須美さん)ということなので、オマージュだったのかも知れません。知らんけど。

なんで女子高生1人で暴力的なクソ親父のところに行かせるのん?

本作の1番「無理」だったところは、女子高生(すず)1人で暴力的なクソ親父のところに向かわせるところです。

だって、イケメンの幼馴染もすずのこと好きなんでしょ?ヒロちゃんも大事な友達なんでしょ?コーラス隊のおばちゃんたちもいたでしょ?

なのになぜか1人で“恵とトモくん救出に向かわせる”とかなんなん?

お父さんも「いってらっしゃい」じゃなくて付いていけよ。

恵とトモくんの問題は解決してない

せっかく恵とトモくんを助けに、はるばる東京まですずが来たのに、しかもクソ親父に引っ掻かれて顔面から出血までしてるのに、クソ親父の子供たちへの虐待という1番の問題は解決してないんですよね。

オレも戦ってみる(`・ω・´)キリッ」なんて恵が言いますが、戦って解決する問題じゃないでしょ。

これから解決するよ、ってことだったのかも知れませんが、やっぱり大人が立ち会って警察に相談するとか児相に相談するとかしないと

せっかく証拠の動画も残ってるのに。

そらまめ

そらまめ

あんなフワッとした終わり方でよかったん?

『竜とそばかすの姫』は美女と野獣に似てるけど、観てよかった

『美女と野獣』のパクリなのかオマージュなのか、『風の谷のナウシカ』のパクリなのかオマージュなのか、似ているシーンがあって気になりましたが、最後にみんなで空を見上げるシーンは感動して泣きそうになりました。

そらまめ

そらまめ

ツッコミがちな関西のアラフォー。
シングルマザーでしたが、子連れ再婚しました。
【経歴】グラフィックデザイナー→介護士→医療事務
【夢】3年後にマレーシア(行ったことない)に移住する
【好き】スピッツ・本・映画鑑賞・コスメ・スキンケア

FOLLOW

タグ:
関連記事