映画『めがね』が嫌い!あらすじとネタバレ感想「生理的に無理っす」

このブログを運営している“そらまめ”は心が汚れきっています。
この記事は“きれいな心をもち、何気ない日常を愛おしみ暮らしたい方”を不快にさせます。

めがね』『かもめ食堂』…荻上直子監督のこれらの映画は、ミニマリスト界隈・丁寧な暮らし界隈から絶大な支持を得ていますね!

恥ずかしながら、先日初めて『めがね』をアマゾンプライムビデオで観たんですが

そらまめ

そらまめ

無理!生理的にムリ!この世界観ムリイイイイ!!!!

約1時間半の映画なのに、とんでもなく長く感じて、気持ち悪くて「ハヨ!ハヨ終われ!」と観ていました(観るのやめろよ)

でも、『めがね』に出てくる役者さんたちはみんな好き(´・ω・`)

小林聡美さんも、光石研さんも、もたいまさこさんも、市川実日子さんに至ってはお姉さんの市川実和子さんも大好き。

だけど、この映画『めがね』はムリでした。

どうしようもなく、気持ち悪い…。

“余白が美しい”とか“美しい海や砂浜に癒やされる”とか…正気か?(゚Д゚)ハァ?

そらまめ

そらまめ

映画の砂浜や美しい海を観るよりも、実際に海に行ったほうが癒やされる。今すぐ海へGO!や

https://kiitahanashi.com/wp-content/uploads/2020/04/IMG_4980.jpg

早く終われと願ってた

無理、気持ち悪い!ごめんなさい

追記:荻上直子監督の新作映画『波紋』はめちゃくちゃ面白そうです。ごめんなさい

映画『めがね』あらすじ

映画めがね
(C)めがね商会

海辺の小さな町にやって来たタエコ(小林聡美)は、素朴で小さな宿・ハマダに到着。宿の主人・ユージ(光石研)とその愛犬、さらには不敵なほほ笑みをたたえた女性・サクラ(もたいまさこ)らに出会う。何日かを過ごしたタエコは、マイペースに明け暮れるハマダでの毎日に違和感を覚え、別の宿へ移る決心をするが……。(以上、シネマトゥデイより)

映画『めがね』なぜ気持ち悪い?ネタバレ感想

画像元:楽天ブックス

以下ネタバレあります

ネタバレあり…といっても、そもそもネタがない映画

私が映画『めがね』を気持ち悪いと思う理由は

  • 「本当に大切なものは実は少ないんだよ」ってわかっとるわ!
  • セリフが単純に気持ち悪い
  • 市川実日子さん演じるハルナが喧嘩腰で感じ悪い
  • 『ものすごい関係』ってなんやねん

「何が自由か、知っている。」ワタシかて知ってるわ

「何が自由か、知っている。」がキャッチコピーの映画『めがね』。

そらまめ

そらまめ

あのね、言わせてもらうと、ワタシかて知ってるわ

家族や本当に大切な人と、なにもせず会話をするでもなく、ぼーっとたそがれる時間。

大きく深呼吸して、空を見上げ、海を眺め、砂浜を歩き、みんなで食卓を囲んでおいしいものを食べる。そんな時間こそが幸せで自由…知ってる知ってる!知ってた!

それを手に入れるためには

  • 夫も私も休暇をとる
  • しばらく働かなくても収入が得られるようになる
  • 子どもたちの学校が休み

そう、金と時間が必要

「本当の自由とは、お金がたくさんあるとかいい物をたくさん持ってるとか、そんなんじゃなくて。本当に必要なものは、トランクひとつに入ってしまうんだよ」ってみんな知ってる。

中抜きおじさんや、お金配りおじさん意外のみ〜んな知ってるの。

親を自宅で介護していて、施設に入所してもらおうと思ったら年金じゃとても足りなかった…そんな人に「私、本当の自由がなにか知ってる」って言える?

みんな知ってるっつーの。逃げ出したいけど逃げ出せない現実があるんや。

セリフが単純に気持ち悪い

例えば「死ぬってどういうこと?」みたいなことを、ハルナ(市川実日子)がサクラ(もたいまさこ)に聞く。

すると、サクラが「死ぬってことは、もう死なないってこと」みたいなことをドヤ顔で言う。

だ・か・ら?

誰もがあると思うけど、私も大切な人を亡くした経験がある。

その人達を想って「あぁもう死なないからよかったね」なんて思えない。

個人的には『パーマネント野ばら』の

人は2度死ぬがやと。1回目は、生きるのがやまってしまうとき。2回目は、人に忘れられてしまうときや。人の心の中におらんようになったら、いよいよ最後や。今度こそ本当に死ぬ。二度と生き返らん。

パーマネント野ばらより引用

のセリフのほうがジーンとくる。

市川実日子さん演じるハルナが喧嘩腰で感じ悪い

ハルナ(市川実日子)が、なぜかタエコ(小林聡美)に終始けんか腰で感じ悪い。

「早くいなくなればいいのに」みたいなことをサラッと言うし。

なんていうか、あの“閉鎖的な世界に、新入りが入ってきて嫌”みたいな、村八分みたいなノリが苦手。

そらまめ

そらまめ

本当の自由って人に突っかかることっすか?

まぁPascoじゃない、超熟じゃない、小林聡美さん演じるタエコも「私かき氷は苦手なので(#・∀・)」とか「みんなで食事しなきゃいけないんですか?(゚Д゚)ハァ?」とか相当感じ悪かったので、おあいこかも知れないけど。

『ものすごい関係』ってなんやねん

毎年春になると、トランクひとつでやってくるというサクラ(もたいまさこ)

ハルナ(市川実日子)いわく、サクラとユージ(光石研)の関係は、“ものすごい関係”。意味深…!

で、サクラはかき氷屋さんで、かき氷を売るけど、その対価はお金ではもらわない。

かき氷のお返しは、子どもが折った折り紙だったり、マンドリンの演奏だったりする。

…はいはい、大切なものはお金じゃないっすね。

それ、お金配りおじさん(元zozo社長)に言ってもらえますか?

それは置いといて、サクラとユージの“ものすごい関係”は、映画を最後までみても、結局どんな関係かわからない。

まさか、いい歳した男女の「ものすごい関係」が、春になるとともに、たそがれ、碁を打つ仲とか?ヤレヤレ→こういうところが私の腐っているところ

まとめ:映画『めがね』気持ち悪い

  • 映画『めがね』は『かもめ食堂』などの荻上直子監督の作品
  • ミニマリスト界隈や丁寧な暮らし界隈から、絶大な支持を得ているけど、私にはあわなかった
  • メルシー体操のシーンなんて気持ち悪くて倒れそうだった
  • 大切なものはそんなに多くないんだよ?→みんな知ってるって!

好きな人は好きだと思うので、ぜひみて観てください!ツッコミながら観るのも楽しいですよ

そらまめ

そらまめ

ツッコミがちな関西のアラフォー
【経歴】グラフィックデザイナー→介護士→医療事務
【夢】3年後にマレーシア(行ったことない)に移住
【好き】スピッツ・本・映画鑑賞・コスメ・スキンケア

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事