オー・ルーシー!の感想【ネタバレあり/コメディちゃうやん】

先日珍しく子どもたちが早く寝たので、思いがけず夫婦時間ができました。

何する?アマプラで映画でも観る?

夫

>>>アマゾンプライム会員に登録する

2人ともコメディー映画が好きなので、なんとなくコメディー臭のする寺島しのぶさん主演の『オー・ルーシー!』を観ました。

そらまめ

そらまめ

これが悲劇の始まりでした…

作品に罪はありません!すばらしい作品です

共働きの夫婦時間、映画鑑賞がおすすめ

共働きで、なかなか夫婦時間がもてないという方も多いと思いますが、もし時間がもてたら、映画鑑賞がおすすめです!

私たちは先日『オー・ルーシー!』を観て、やや後悔しました。

そらまめ

そらまめ

作品選びは慎重に

夫婦時間ってなかなかもてないですよね…。

私たちは、時間ができたら2人で映画鑑賞をすることが多いです。

そらまめ

そらまめ

まぁそんな機会なかなかないんですが…

そして、できたら三谷幸喜さんの作品のような、ゲラゲラ笑えて、ほろっと泣けて、エロなし(ここ重要!)のコメディー映画がいいと思います。

私達は、『オー・ルーシー!』という映画を夫婦で観て、とても気まずい思いをしました。

『オー・ルーシー!』の簡単でいい加減なあらすじ

記憶力がアレなので、間違っているところもあると思います

43歳の独身OL節子(寺島しのぶ)は、汚部屋に住み、会社ではもうすぐ定年退職を迎えるお局OLのことを「みんなに嫌われてるくせに」と冷めた目で見ていました。(でも実際は、自分がみんなに疎まれている)

一人退屈な日々を送っていた節子に、姪の美花が「お金が足りないから、自分の代わりに英会話クラスを受けてほしい」と頼みます。

料金を支払い、美花の代わりに英会話クラスを受講する節子。アメリカ人講師ジョン(イケメン)ので授業は、「ルーシー」という名前と金髪のカツラを与えられます。

さらに、恥ずかしがって口が開かない日本人のためにピンポン玉を咥えさせて発音させるなど、風変わりな授業でした。そして授業の中で、ジョンにハグされた節子は恋に落ちます。

ところが、ジョンは姪っ子の美花と一緒に、アメリカに帰ってしまいます。実はジョンは美花の彼氏でした。美花の母親(節子の姉)の綾子と一緒に、アメリカまでジョンを探しに行く節子。

ジョンはすぐ見つかりますが、美花の居場所がわかりません。でも、節子にとってジョンが全て。

ジョンさえ見つかればいいんです。お金にだらしないジョンの代わりに、ジョンの滞納している家賃を払う節子。その後、節子はジョンの吸っている葉っぱを一緒に吸ってハイになり、強引にジョンにせまり、車の中でえちえちタイム…。

最後は節子が「私だってジョンとヤったんやで」と美花にマウントを取る→美花がショックを受けて崖から飛び降りる。

その後ジョンにフラれた節子は、睡眠薬を大量に飲むも、英会話クラスが一緒だった小森という男性に助けてもらって一命をとりとめるという【ただただ悲しい結末】。

そらまめ

そらまめ

めちゃくちゃ重い話やがな

『オー・ルーシー!』の感想

ルーシーこと節子は痛い、痛すぎるほど痛い女性。そして嫌なやつ。

でも気持ちはわかる。

カラカラに心が乾いたとき、誰かに抱きしめられたら簡単に好きになっちゃう。

節子は周りの人から見たら、迷惑な人かもしれないけど、そもそも姪の美花が元凶なわけで…。

コメディじゃないけど、女の寂しさについて考えさせられる心に残る作品でした。(観るなら1人で観る方がいいかも)

夫婦で観るのは要注意かも

2人ともコメディー映画だと思って観ていたので、節子がピンポン玉を咥えるところで

そらまめ

そらまめ

ははは、おもろいね…?

と無理やり笑いどころを探していましたが、『オー・ルーシー!』にあるのは乾いた悲しい笑いだけ…。

おまけにカー○ックスの場面まで出てくるから、子供のころ家族でテレビをみている時に、キスシーンが流れるような気まずい雰囲気に…。

まとめ:オー・ルーシー!は1人で観るのがおすすめ

なかなか夫婦時間がもてないですが、時間ができたら夫婦で映画鑑賞をしています。

ただ、作品選びを間違えると非常に気まずい思いをします…!

オー・ルーシー!」は心に残る作品でしたが、1人で観るほうがいいかもです( ´∀`)

そらまめ

そらまめ

夫婦で観るおすすめの作品は、三谷幸喜さんや山田洋次監督の作品です

そらまめ

そらまめ

シングルマザーでしたが、子連れ再婚しました。
経歴はグラフィックデザイナー→介護士→医療事務です。
本・スピッツが好き。
3年後にニュージーランド(行ったことない)に移住するのが夢。
このサイトでは、私のあいまいもことした気持ち、おすすめのものやコスメ、介護の仕事などを書いています。

FOLLOW

カテゴリー:
タグ:
関連記事