モダンラブ東京はつまらない!永作博美の話は意味不明。榮倉奈々の話にイライラ

モダンラブ東京はつまらない! 永作博美の話は意味不明 榮倉奈々の話にイライラ
そらまめ

そらまめ

アマゾンプライムビデオで『モダンラブ・東京〜さまざまな愛の形〜』を観ました

アメリカで製作され世界中で大きな話題を呼んだ『モダンラブ』の現代の東京版、ということなんですが…

おもしろい話もありましたが、つまらない話もありました (ノ∀T) 

特につまらなかったのは、榮倉奈々さんの話『私が既婚者と寝て学んだ事』です。

そらまめ

そらまめ

既婚者と寝て学んだことなんて、なんもないんですよ!レスになる原因は人それぞれなんて、寝なくてもわかるからな!

第2話『私が既婚者と寝て学んだ事』のネタバレ感想

タイトルこそ『私が既婚者と寝て学んだ事』ですが、既婚者と寝て学んだ事といえば「レスになるのは夫婦それぞれの事情がある」って当たり前やろ(`Д´;)

そんなことは既婚者と寝なくてもわかるし、自分だってレスが原因で離婚したんでしょ?

既婚者と寝る前や寝たあとに「なんで不倫するの?( ゚д゚)」ってあんたバカァ?

どの口が言うねん!既婚者のパートナーに訴えられるとしたらあなたですよ!

レスの既婚者とセクロスしておいて「夫婦でお互いに話し合えばいい」なんて上から目線でアドバイス。自分だってレスのこと話し合わないで離婚したんじゃないの?

で、結局 元夫が好き♡だって。

元夫とレスになった理由も明かされないまま終わりました。

それで「レスでも夫婦でいてもいいんちゃう?」なんて当たり前でしょ!まずは話あえよ!

何より榮倉奈々さん演じる加奈がとんでもないアホなので、大学の生物学の講師には見えませんでした。

第5話『彼を信じていた十三日間』のネタバレ感想

テレビ局で報道記者としてバリバリ働く篠原桃子永作博美)。

ある日 鈴木洋二という不動産会社 社長とお見合いしてみれば、写真と顔が違う!?

写真だけ間違えられた…なんていう鈴木洋二(ユースケ・サンタマリア)。

13日間 仲良くしていたのに、鈴木洋二と名乗るユースケ・サンタマリアは別人で、ホームレスでした。

ホームレスでもいい!私は気にしない!」という桃子。

気にするよね?ホームレスうんぬんより、社長のふりをしていたことが嘘つきすぎて怖いでしょ!

最後はユースケ・サンタマリアが川に入って消え、なぜか黄色いマグカップ(桃子が洋二さんのものと言った)だけが浮かんできました。

そらまめ

そらまめ

もし2人の関係が“愛”ならば、私には永遠に愛が何かわからないでしょう

つまらない話・意味不明な話もありましたが、面白い話もありましたので、まだ観ていない方はぜひ『モダンラブ・東京〜さまざまな愛の形〜』を観てみてください( ´∀`)

そらまめ

そらまめ

ツッコミがちな関西のアラフォー
【経歴】グラフィックデザイナー→介護士→医療事務
【夢】3年後にマレーシア(行ったことない)に移住
【好き】スピッツ・本・映画鑑賞・コスメ・スキンケア

FOLLOW

関連記事